2021年09月01日

自宅「自転車めし」

2109011

長崎県雲仙市小浜町にある、宅島海産(暖簾はなぜか宅島海産物)という干物などの海産物を主に扱う土産店で、「自転車めし(の素)」なるものを購入してきました。

2109012

「自転車めし」は雲仙市の橘湾沿岸部に伝わる郷土料理で、簡単にいうとイリコ(カタクチイワシの煮干し)を使った醤油味の炊き込みご飯です。コチラは宅島海産のオリジナル商品で650円。購入はしませんでしたが、長崎空港の土産店では天洋丸というメーカーの「じてんしゃ飯の素」が売られていました。

2109013

元々は「しょいめし(醤油飯)」と呼ばれていたのですが、昭和2年に開催された島原半島一周自転車競走大会で振る舞われたことを機に、「自転車めし」という名で親しまれるようになったのだそうです。「自転車のように速く炊ける飯」という意味も込められているんですね。

2109014

中に入っているのはイリコ(30g×2)と調味料(40g×2)のみですが、これでお米3合分の「自転車めし」を2度楽しむことができます。お店の方の話によると、「普通のイリコとジャコの中間くらいのサイズのものを仕入れているんですよ」とのこと。そのくらいが最も炊き込みご飯に適しているのだそうです。時期によってはそのサイズのイリコが入荷されないので、販売できないこともあるそうです。

2109015

多少ばらつきがありますが、イリコの体長は3cm前後といったところです。

2109016

「お好みで、人参・ごぼう・タケノコ・椎茸・木の芽・みつば等を加えていただきますと、一層おいしく召し上がっていただけます。」と書かれていますが、2回分あるのでまずはイリコのみで試してみました。ちなみに野菜類を加えるのは、近年になってからのようです。

2109017

お米3合分にしてはイリコの量が多いようにも思えますが、あとの祭り……。このまま炊いちゃいましょう。炊飯器から湯気が立ちのぼると同時に、イリコの匂いがプワ〜ン。しばらくすると、部屋全体がその何ともいえない香りに包まれました。(笑)

2109018

イリコは柔らかいながらも、イイ具合に歯応えが残っています。予想通りイリコダシがしっかりと効いていて、かなりインパクトのある味わいなんですね。味付けも「しょいめし(醤油飯)」というだけあって結構濃いめです。普段ウチでゴロゴロしているおじさんには確かに濃いめなのですが、自転車を担いで山に登ったり日本一周などをしてた若い頃(25年ほど前までの話です)は、このくらいの濃さの方が抜群に旨かったんですよね。思わず遠くを見つめてしまいました。

2109019

2度目はお米を4合に増やし、油揚げ・ゴボウ・ニンジン・シイタケを加えてみました。程良くイリコが利いたバランスの良い仕上がり。1度目のようなパンチは弱まってしまいましたが、くたびれたおじさんには美味しくいただくことができました。といいつつも、あのイリコパンチをもう1度味わってみたいなぁ……とも思ったりするのでした。ワガママなもんですね。

2109010

他にもいろんなものを長崎県で買ってきました。……が、家に着いてから調べてみたところ、大砲ラーメンとか井出ちゃんぽんとか全国販売されているんですね。うまかっちゃんや焼豚ラーメンも近所のドンキで売ってました。何やってんだか。……というワケで、土産ネタはこれにて終了とさせていただきます。1回しかやってないけど。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(4) おみやげ | 長崎県

2021年08月27日

ソラシドエア機内「アゴユズスープ」

2108271

私が乗るソラシドエアの飛行機は、定刻通り15時30分に出発しました。ソラシドエア(旧スカイネットアジア航空)は宮崎県宮崎市に本社を置く、九州路線をメインとした航空会社です。

2108272

今回利用した楽天トラベルのANA楽パック(飛行機+ホテル+レンタカーの旅行パック)は、ANAの飛行機を使うと追加料金が掛かってしまいます。なので、ANAのコードシェア便(共同運航便)となるソラシドエアを選びました。個人的にはANAとそう大差ないと思っているのですが、羽田などの大きな空港だと搭乗口や到着口が遠くなるというデメリットがあるんですよね。時にはタラップで降りてバス移動なんてことも……。まぁ昔と違ってタラップで乗降するなんて機会は少ないので、それはそれでイイ想い出になるんですけど。

2108273

そんなソラシドエアにも、ささやかなお楽しみのひとつに機内ドリンクサービスがあります。ホントにささやかですけどね。w

2108274

今回の旅で、あごだしうどん(画像左上)・あごだしちゃんぽん(右上)・あごだしラーメン(左下)・あごだしおでん(右下)をいただいたので、「アゴユズスープ」にしてみました。長崎県産のアゴ(トビウオ)をダシに使ったスープは平成23年から供されており、平成25年に大分県産のユズが加わったそうです。ちなみに、このスープの素は機内販売されています。20杯分で税込み1,000円というお値段は、機内販売にしてはリーズナブルですね。

2108275

ホントは記事にするつもりではなかったのですが、そろそろネタ切れ(※)となってしまうので無理矢理記事にしました。……が、意外にもこれ、結構イケるんですね。今回の旅でいただいてきたアゴダシの中で最もダシが濃厚なんです。それでいて嫌なクセはなく美味しくいただくことができました。変に主張することのない、爽やかなユズの香りもイイですね。

※今年はまだ1度も県外に……というか、近場の旅にすら出ていないんです。(涙)

2108276

思わぬところで、ちょっとした長崎旅行の余韻を楽しむことができました。尤も古くからアゴダシ文化があるのは、長崎県だけではありませんけどね。今や全国区ともいえますし……。

2108277

いつものように千葉県の上空を経由して東京湾に入る……はずなのですが、いつまで経っても陸地の上を飛んでいます。やがて左手の遠くに東京スカイツリーが見えてきました。な……何で?

2108278

あっ、そうか。東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う国際線の増便によって、飛行ルートが変更(※)されたんですよね。日が落ちるにつれ、少しずつ東京の夜景らしくなっていきます。しかしまさか、この角度この距離から東京タワーが観られるとは思ってもみませんでした。まぁ、ちょっと手ブレしてますけどね。ISO感度を上げておけば良かった……。

※時間帯や天候によってルートは変わるようです。昨年11月のことなので、現在どうなっているのかは知りません。

2108279

レインボーブリッジを通り過ぎました。この辺りまで来ると、かなり高度が低くなります。飛行機に乗ってる方はイイ眺めですが、住まわれている方々には迷惑な話なんでしょうね。

2108270

いつも通り、羽田空港の到着ロビーから遠く離れたところで降ろされました。13泊14日の旅も、終わってみるとアッという間ですね。「家に着くまでが旅」といったようなことを子供の頃に教わったような気がしますが、羽田空港第2ターミナル駅で京急空港線に乗った瞬間に日常の世界へ引き戻されるのでありました。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(2) 飲みもの | 長崎県