2008年12月15日

長崎市「ミルクセーキ」

0812151

長崎県には国宝建造物が3つあります。1つは大浦天主堂で、残り2つはこちらの崇福寺が有しております。画像の第一峰門は軒裏の複雑な組物が特徴で、中国の華南地方で見られるようですが日本ではここだけなのだそうです。

0812152

こちら大雄宝殿は長崎に現存する最古の建物で、軒回りの擬宝珠(ぎぼし)付き垂花柱(すいかちゅう)というものが珍しいのだそうです。よく分かっていませんが……。

0812153

長崎のローカルスイーツとして、「シースクリーム」というケーキがあります。その元祖が「梅月堂」というお店です。しかし私はケーキが苦手なので、こちらはパス。その代わりに「梅月堂 本店」の隣りにある「ケーキの西銀」というお店の喫茶コーナーで、「ミルクセーキ」(¥590)を頂きました。

0812154

なぜか分かりませんが、長崎県および近隣の地域では「ミルクセーキ」は飲み物ではなく食べ物という扱いになっております。つまりご覧のようにフローズンタイプというか、かき氷風なんですね。発祥の店は以前「トルコライス」で紹介した「ツル茶ん」です。食べ物なので、もちろんストローではなくスプーンが付いてきます。器は飲み物用のグラスですけど。甘さは控えめでとてもさっぱりしているので、甘いものが少し苦手な私でも美味しく頂けました。この時お客さんは20人くらい居て私以外は全員女性だったので、さっさと食べてさっさと帰るのでした……。

【退出される方へ】よろしかったらこちらからお願い致します→[人気blogランキング]



e_aji at 10:52│Comments(0) かき氷・アイス系 | 長崎県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔