2021年04月12日

平戸「川内かまぼこ」

2104121

10日前に「平戸ちゃんぽん」を紹介したとき、「すぼ巻き」という魚の練りものの話をチラッとさせていただきました。県外にも見られますが、平戸では「川内かまぼこ」として古くから親しまれております。

2104122

平戸の川内浦という小さな漁村では、江戸時代から「はんぺん(魚のすり身を丸めて茹でたもの)」が作られていたそうです。大正時代(明治時代という説も)に入り、麦ワラで巻いて蒸すという、現在の「川内かまぼこ」の原形が誕生しました。麦ワラのことを麦スボと呼んでいたので、「すぼ巻き」と名付けられたんですね。こんな言い方は大変失礼なのですが、ホントに何も無いような辺鄙なところに、今も10数軒のカマボコ屋さん(製造業者)が残っています。戦後の最盛期には、100軒以上もあったというのですから驚きです。

※画像は翌日に現地まで行って撮ったものです。

2104123

というワケで、平戸市中心部にある「フードショップたけだ メルカド店」というスーパーで購入してきました。

2104124

「川内かまぼこ」には、エソ・アジ・アゴ(トビウオ)・イワシなどを主原料としたものがあります。定番はエソらしいのですが、今回はアジをセレクト。

2104125

製造元は平戸市川内町にある、伊東蒲鉾店となっております。たまたまかもしれませんが、5本入りでたったの288円というお値段で購入することができました。

2104126

前述した通り、昔は麦ワラで巻かれていましたが、現在はこのように硬くて短いプラスチック製のストローのようなもので巻かれています。「麦ワラが入手しづらくなった」「衛生上あまり好ましくない」などといった理由があるようです。麦ワラのことを英語でストロー(Straw)というので、話がちょっとヤヤコシイですけどね。

※ごく一部ですが、今も麦ワラを使うカマボコ屋さんが残っています。

2104127

横から見ると、こんな感じです。しかしコレ……どうやったらこんなキレイに、ストローを巻き付けられるんでしょうね。

2104128

ストローを剥がすと、こんな感じです。慣れていないこともあって、剥がすのがちょっと面倒くさかったです。しかも、5本もあるし……。大きさは4×2×6cmほど。独特な形状ですよね。

2104129

青魚らしい風味と旨味がしっかりと感じられて、とても美味しくいただけます。塩加減も丁度イイので、何も浸けなくても充分、酒のアテになりました。ただ……さすがに5本も食べると、飽きてきますけどね。

2104120

魚のすり身をこのストローのようなもので巻いて蒸したものは、長崎県・佐賀県・福岡県・山口県・島根県・愛媛県・香川県・高知県に確認できました。長崎県では比較的北部に多く見られます。平戸では「川内かまぼこ」「すぼ巻き」 「すぼ」と呼ぶことが多いようですが、地域やメーカーによっては「すまき(簀巻き)」「すまきかまぼこ」「ストかま」「つと巻き」「麦わら巻き」などとも呼ばれます。すっかり忘れていましたが、このブログでも8年ほど前に香川県の「すまき」を、4年ほど前に高知県の「すまき」をチラッと紹介していました。

[参考]川内かまぼこ


e_aji at 08:00│Comments(2) 魚の練りもの系 | 長崎県

この記事へのコメント

1. Posted by ハル坊@東京   2021年04月12日 12:53
同じかまぼこでも、色や形に変化がついていると料理した時においしそうに見えますよね。ところで最後の写真、こんなにプラスチックストローを使っているとは、小泉進次郎が見たら激おこですね(笑)
2. Posted by A-chang   2021年04月13日 00:31
ハル坊様

長崎のカマボコは、ホント面白いです。

「すぼ巻き」のストローも、
いつか新素材になる日が来るんでしょうね。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔