2021年05月17日

長崎市「長崎式お好み焼き」

2105171

今回の旅、7日目。レンタカーを14日間借りているのですが、この日は路面電車(長崎電気軌道)を乗り回すので一切使いません。長崎駅のみどりの窓口まで行き、路面電車の1日乗車券(500円)を購入。長崎駅前電停から平和公園電停に移動し、まずは平和公園へ行きました。

2105172

松山町防空壕群跡・平和の泉・平和祈念像・折鶴の塔・天主堂の見える丘の順に廻りました。画像上の平和祈念像の右手は原爆の脅威(長崎の過去)を、左手は平和(長崎の未来)を意味し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っているのだそうです。

2105173

コチラは長崎原爆遺跡のひとつでもある浦上天主堂です。現在の聖堂は昭和34年に再建されたもので、吹き飛ばされた鐘楼や被爆した天使像などが保存されています。

2105174

近くに原爆資料館や爆心地公園などもありますが、朝食を摂るため平和公園電停から銭座町電停に一旦移動。

2105175

400mほど歩いたところにある、「くらた」というお好み焼き屋に入りました。昔ながらの「長崎式お好み焼き」がいただける老舗です。ただ……現在こういったお店は、ほぼ絶滅状態なんですね。

2105176

お好み焼きは、中でも400円というのが嬉しいですね。今回は「モダン焼きの肉入り」(650円)を頼んでみました。

2105177

薄く伸ばした生地に、アジのすり身・魚粉・天カス・紅ショウガを散りばめ、モヤシとキャベツを載せ……。ここまでは広島のお好み焼きに似ているなと思ったのですが、別に焼いておいたチャンポン麺を載せたら、その上に生玉子をそのままポトンと落とすんですね。更に豚肉と天カスを載せて生地を回し掛けます。こういう作り方もあるんですね。ホント、お好み焼きは奥が深いです。あと毎回思うのですが、こういう重ね焼きは説明するのがホントに面倒くさいです。w

2105178

その状態で5分以上放置したら引っ繰り返し、また5分以上放置します。結構じっくりと焼くんですね。長崎ではお馴染みの金蝶ソースと旨味調味料を振り掛け、2つ折りにしたら出来上がりです。

[参考]金蝶ウスターソース 320g

2105179

更に自分でウスターソースを塗り、魚粉を適当に振り掛けてからいただきます。いわゆるお好み焼きソースなどというものはありません。また、お皿も箸も出てきません(※)。西日本ではそう珍しくありませんが、小振りのコテを使って鉄板から直食いするスタイルなんですね。

※頼めば出してくれると思います。

2105170

じっくりと焼いてあるためか、水分がイイ具合に抜けていてイイ食感。焼きそば麺ではなく、チャンポン麺というのもイイですね。2つ折りになっているので、分厚くてコテだとちょっと食べづらかったですが、モッチリとした生地と芳ばしい風味で美味しくいただくことができました。スバラシイです。ただ……その……潔癖症の方にはオススメしませんけどね。w


e_aji at 08:00│Comments(2) お好み焼き・鉄板焼き系 | 長崎県

この記事へのコメント

1. Posted by うどん男@広島   2021年05月17日 09:27
ここは1度だけ行ったことが有ります。重ね焼きスタイルだったことには驚きましたが、広島の物と違うのは最初にしく生地が厚いこと。なので麺が入らなくてもけっこうなボリュームがあります。
2. Posted by A-chang   2021年05月17日 23:36
うどん男@広島様

あら、こんなところに(失礼!)行かれたんですね。

言われてみれば、生地を薄く伸ばしていませんね。
ホントに重ね焼きの場合は、
よく見てないといけないので面倒くさいです。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔