2021年06月16日

島原「イギリス」

2106161

前回、「江戸屋 島原店」というスーパーで入手した、「納豆味噌」というものを紹介しました。もう1つ買ってきたものがあるので、ホテルの部屋でいただいてみました。

2106162

ここ長崎県の島原地方や、熊本県の天草地方などに古くから伝わる、「イギリス」という郷土食です。イギスという海藻を溶かしてトコロテンのように固めたものなのですが、何故かこう呼ばれるんですね。

[参考]鳥取県産 天然いぎす草

2106163

これまでにも海藻を溶かして固めたものを何度か紹介してきましたが、「イギリス」は具が練り込まれるという、全国的にも珍しいタイプになります。画像は秋田県から新潟県辺りに見られる「えご」(左上)・新潟県佐渡島の「いごねり」(右上)・千葉県の「海草」(2段目左)・八丈島の「ぶど」(2段目右)・長野県の「えご」(3段目左)・福岡県の「おきゅうと」(3段目右)・大分県の「イギス」(左下)・宮崎県の「むかでのり」(右下)となっております。

2106164

後日訪れたスーパーには、このようなことが書かれていました。「イギス」が訛って「イギリス」……ですか。単に聞き間違えただけではないかと思っていました。広島県や愛媛県の瀬戸内海沿岸には「イギス豆腐」というものが見られるのですが、江戸時代にそこから伝わったという説もあります。

2106165

シールには何故か「小麦・卵・乳(商品の一部に含む)」と印字されています。肝心の原材料名はどこにも書かれていないんですね。w

2106166

12×6×3cmほどの大きさ。サバのほぐし身(サバ缶っぽい)・油揚げ・ニンジンの他、細かすぎて分かりづらいのですがヒジキらしきものが練り込まれております。

2106167

食感は寒天そのもの。サバのほぐし身は少ししか入っていませんが、不思議とサバの風味がよく感じられます。逆に海藻特有の風味はあまりなく、海藻が苦手な方でも大丈夫ではなかろうか…といった印象。どことなく煮物的な味わいもあって、酒のアテにも良さそうな美味しさでした。

2106168

ちなみに他のスーパーには、こんな商品も並んでいました。色が全然違うんですね。キクラゲなども入っているようです。いろんなタイプの「イギリス」があるんですね。

2106169

ホテルを出て、島原まゆやまロードをドライブしてきました。雲仙岳の火山活動によって平成2年から平成7年に掛けて形成された、平成新山の中腹辺りを通る全長約8kmの道路です。

2106160

画像だと伝わりづらいと思いますが、間近で見ると結構な迫力があるんですね。遠くには有明海を望むこともできました。


e_aji at 08:00│Comments(5) その他 | 長崎県

この記事へのコメント

1. Posted by あんまや   2021年06月16日 08:48
丹後にも「エゴノリ」を煮溶かして固めた「うご」というものがあります。

2. Posted by あんまや   2021年06月16日 08:50
たびたびすみません。 
福知山にカレー焼き屋が出現しました。
一度食べに行ってきます。
3. Posted by A-chang   2021年06月17日 00:29
あんまや様

丹後にもありましたか!
ネタ帳に書いておきますね。w

福知山のお店、調べてみました。
動物の名前のお店ですね。
行ってみたいな〜。
4. Posted by あんまや   2021年06月18日 20:56
動物の名前のお店に行ってきました。
ヤマト食品さんに研修に行ってこられたようです。
あと、小浜のあかおさんでも勉強させて貰ったと仰ってました。

お味はスパイシーで現代的なお味です。
私は美味しくいただきましたが、お子様にはちょっと辛すぎるかも。

5. Posted by A-chang   2021年06月18日 23:35
あんまや様

もう行かれましたか。

ヤマト食品さんとアカオさんで学んだのに現代風とは。w
辛いカレー焼きというのは珍しいですね。
今はなかなか行けませんが、いつか訪れてみようと思います。

情報ありがとうございました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔