2021年06月28日

島原「一口餃子&スーパイコー」他

2106281

湧水庭園 四明荘を見学したあと一旦ホテルに戻り、空が暗くなるのを待ちました。

2106282

開店時刻の18時になったので、ホテルのすぐ近くにある「雲龍亭」という中華料理店に行きました。長崎市にある有名店「雲龍亭」の暖簾分けだそうです。

2106283

お目当ては雲龍亭名物の「一口餃子」と、長崎県で「スーパイコー」などと呼ばれるものです。漢字で書くと「酢排骨」。まぁ……つまり、酢豚のことなんですけどね。ケンミンSHOW情報によると和製中国語だそうで、「糖醋排骨/タンツーパイグー/豚スペアリブの甘酢煮」という料理に由来するのだとか。

2106284

「スーパイコー」は店によって、「スーパイコ」「スウパイコ」「スウパイコウ」などとも表記されます。ケンミンSHOWでは番組の性質上、「酢豚をスーパイコと呼ぶのは長崎県民だけ」と紹介されていましたが、実際には福岡県・佐賀県・熊本県などにも見られます。(何故か佐賀県は少ない)

2106285

ただ残念なことに、そのように呼ぶ店は減少傾向にあるんですね。コチラのお店も外の看板は「スーパイコー」でしたが、店内のメニューは現在「酢豚」となっています。2年ほど前までは、「スーパイコ」と書かれていたんですけどね。もちろん今でも、注文は「スーパイコー」で問題なく通じます。

2106286

まずは瓶ビール(中瓶 600円)で、お疲れさまでした……と。キリンかアサヒか聞かれたので、アサヒをチョイスしました。中華料理や脂っこいものをいただく場合は、スーパードライを合わせるようにしているんです。まぁ、そんなに拘りはないんですけどね。

2106287

「一口餃子」(10個 450円)は直径2〜3cmほどの大きさ。皮は薄めで柔らかく、焼き目はややサクッとしています。挽肉と野菜がバランス良く入っていて、意外にコッテリ感は弱めなんですね。玉ネギが使われているためか、独特なイイ味わいがあります。餃子にしては塩味が利いているので前半はそのままで、後半はタレに浸けて美味しくいただきました。

2106288

「スーパイコー」(800円)の具は、豚肉・玉ネギ・ピーマン・ニンジン。シャキシャキの玉ネギが主体となっております。サクッとした豚肉の衣もイイ食感ですね。酸味と甘味がビシッと効いた醤油ベースの餡は、どこか懐かしさを感じる味わいがあって、おじさんにはたまらないものがありました。

2106289

ちなみコチラは、13年ほど前にいただいた長崎市の「雲龍亭」の「一口餃子」です。本家とは少し形が違うんですね。まぁ、どうでもイイ話だと思いますけど。


e_aji at 08:00│Comments(4) 中華 | 長崎県

この記事へのコメント

1. Posted by NARUKO   2021年06月28日 21:55
大阪では勿論通じないスーパイコですが
昔、長崎に旅行に行った時
自分の口で「スーパイコ下さい」と言いたくて
食事に行ったお店で

店員「何になさいますか?」
私「スーパイコとチャーハン下さい」
店員「酢豚とチャーハンですね」

って会話に成りました〜  あ〜ん・・・
メニューにはスーパイコって書いてあるのに〜
旅気分こわすなよぉ・・・www
2. Posted by やました   2021年06月28日 23:54
バカボンのパパが「レバニラ」って言ってたので高校生の時に真似して「レバニラとビール!」と店員さんに注文したら「はい、ニラレバ!」「ビールはあかんよ」と言われて大盛ライスが・・・。
3. Posted by A-chang   2021年06月29日 01:35
NARUKO様

そういうのって時々ありますよね。
メルヘンチックな長い名前の料理を勇気を出して頼んだら、
「は〜い、ホワイトソースのオムライスですね」と
省略されて返されたり。w
4. Posted by A-chang   2021年06月29日 01:37
やました様

レバニラがニラレバになるのは許せるけど、
ビールが大盛ライスになるのは許せませんね。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔