2021年07月16日

島原「長崎の昆布巻」

2107161

今回の旅、12日目。前日に「西有家ショッピングセンター クレア」で買っておいた「昆布巻」(432円)を、朝食としてホテルの部屋でいただきました。平成23年に設立された長崎かんぼこ王国では、「昆布マキオ」という名のゆるキャラにもなっています。

2107162

ハッキリとした販売エリアはよく分かりませんが、長崎県広域に見られる板無しカマボコです。少し調べてみたところ、メーカーは長崎市や南島原市など県南部に多く見られました。長崎のお雑煮には欠かせないものでもあるそうです。

2107163

製造元は南島原市にある、明治14年創業の内田蒲鉾店となっております。前回紹介した「南蛮コロッケ」と同じメーカーなんですね。半月ほど前に紹介した、「ひろす(豆腐かまぼこ)」も製造販売しています。

2107164

14×5×3cmほどの大きさ。昆布に少しヌメリがあるので、ちょっと切りづらいですね。といっても、ちゃんとした包丁とまな板であれば問題ないと思います。旅先なので、アーミーナイフと開いた牛乳パックを使ってますから。w

2107165

ザクザク感のあるすり身に、よりザクザク感の強い昆布が巻かれていて、しっかりとした歯応えがあります。思ったよりも昆布の風味は弱めで、良く言えば上品な味わい。味付けもどちらかというと控えめなので、醤油をチョコンと付けても宜しいかと思います。見た目どおり、酒のアテにピッタリ……といった旨さがありました。

2107166

ちなみにコチラは富山県の「昆布巻」です。長崎県のものにそっくり……というか瓜二つなんですね。多分なにかしらの接点があると思うのですが、調べてみてもよく分かりませんでした。長崎県では富山県ほどの需要はないようで、スーパーに置かれている確率は1〜2割といったところでした。

2107167

コチラは富山県や石川県などでよく見掛ける「赤巻」です。昆布の代わりに着色したすり身が使われています。島根県の萩市にも「朱巻」というそっくりなものがあるので、もしかしたらこれらは北前船によって伝えられたのかもしれません。

[参考1]富山の昆布巻・赤巻
[参考2]萩の朱巻・他

2107168

富山県には他に、見た目が水色の「青巻」というものもあります。長崎県にもご覧のような「うず巻かまぼこ」「巻かまぼこ」というそっくりなものがあるのですが、「赤巻」は朱色ではなくピンク色、「青巻」は水色ではなく緑色といったビミョーな違いがあるんですね。う〜ん、何でこうなっちゃったんでしょう。……ナゾです。

[参考3]富山の青巻
[参考4]長崎の青巻

2107169

「昆布巻」を全て食べ終えてからホテルを出発。雲仙温泉に向かう途中、俵石展望所・仁田峠第二展望所・仁田峠第一展望所に寄りました。画像は第二展望所から眺めた、雲仙岳(20を超える山々で構成された火山)の最高峰となる平成新山です。

2107160

天気はイマイチでしたが、有明海に差し込む薄らとした光線がちょっぴり幻想的でした。実は風が強くて、かなり寒かったんですけどね。(昨年11月の話です)


e_aji at 08:00│Comments(2) 魚の練りもの系 | 長崎県

この記事へのコメント

1. Posted by いち   2021年07月16日 22:25
5 またしてもA-changさんによる日本の食べ物の謎が提起されてるぞ・・・w
2. Posted by A-chang   2021年07月16日 23:43
いち様

調べてみてもよく分からなかったので、
これ以上掘り下げるのはやめておきます。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔