2021年07月26日

小浜温泉「小浜ちゃんぽん」その2

2107261

この日の宿泊地となる小浜温泉に到着しました。小浜温泉のローカルフードの代表格といえば、やはり「小浜ちゃんぽん」ですね。すでに紹介済みではありますが、13年も前のことなので改めていただいてみようと思います。

2107262

誰が決めたのかは知りませんが、「小浜ちゃんぽん」は長崎三大ちゃんぽんの1つに数えられるそうです。他の2つは画像左の「長崎ちゃんぽん」と、右の「平戸ちゃんぽん」となっております。更にいうと、日本三大ちゃんぽん(※)は「長崎ちゃんぽん」「小浜ちゃんぽん」「天草ちゃんぽん」になるのだとか。「平戸ちゃんぽん」と「天草ちゃんぽん」が入れ替わっただけ……ですか。う〜ん。

※他に長崎・天草・戸畑とするサイトや、長崎・八幡浜・近江とするサイトもありました。……もう、どうでもいいや。

2107263

100年以上前に長崎茂木港から蒸気船で往来していた湯治客によって伝わり、独自に進化を遂げたという「小浜ちゃんぽん」。13年前は供する店が20店舗近くあったはずなのですが、令和元年7月に作られた小浜ちゃんぽんマップに載っている店は14店舗(※)のみ。13年前に訪れた老舗の「蛇の目」も平成26年に閉店してしまったようですし、減少傾向にあるのかもしれません。

※内2店舗は小浜温泉のある雲仙市ではなく南島原市と福岡市です。

2107264

「小浜ちゃんぽん」はアッサリとしたスープが多い中、今回は敢えてコッテリ系の人気店「大衆割烹 龍」に行ってみました。

2107265

小浜は他の地域と違って生玉子をトッピングできる店が多いので、「ちゃんぽん」の並(700円)の生玉子入り(+50円)を頼みました。

2107266

具は豚肉・小エビ・イカ・赤青はんぺん(長崎ちゃんぽんに使われるピンクと緑の練りもの)・揚げカマボコ・キャベツ・モヤシ・玉ネギ・キクラゲで、生玉子がトッピング。「小浜ちゃんぽん」の特徴のひとつでもある、殻付き小エビ(※)は10匹くらい入っています。これが香ばしくて、小さい割に意外と存在感があるんですね。

※店によっては殻付きでないこともあります。

[参考]ちゃんぽん・皿うどん用の蒲鉾

2107267

トンコツベースのスープは、ほんの少しトロミがあって旨味がガツンとくる濃厚な味わい。たまりませんね、コレは。くたびれたおじさんには少し塩気が強めなのですが、ゴクゴクゴクゴクとついつい進んでしまいます。ちゃんぽん麺は柔らかいながらも少しムニュムニュとした、コシというのとはまたちょっと違ったイイ歯応えがあるんですね。「小浜ちゃんぽん」に多いアッサリ系とは違いますが、とても満足度の高いものでした。人気なのも頷けます。

[参考]小浜ちゃんぽん 4人前

2107268

この日の宿はコチラ。「小浜温泉 湯宿 蒸気家」で、GoToトラベルを利用して和室1室が1泊2,860円(17時以降のチェックインプラン)+駐車場代250円。地域共通クーポンが1,000円分貰えたので、実質2,110円となりました。

↓コチラで予約しました。
小浜温泉 湯宿 蒸気家

2107269

今回この宿を選んだのは、ご覧のような温泉の蒸気を利用した蒸し釜があるからなんですね。好きな食材を持ち込み、これで蒸し上げるんです。もちろん、宿泊客は何度でも無料で使用できます。

2107260

11年ほど前に紹介した、画像の別府・鉄輪温泉の「地獄蒸し」と同じ調理法です。部屋でひと休みしたら、近くのスーパーで食材を買ってこようと思います。


e_aji at 08:00│Comments(0) チャンポン | 長崎県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔