2021年07月28日

小浜温泉「蒸し釜料理」

2107281

前回チラッと予告したとおり、「蒸し釜料理」用の食材を入手するため「新鮮工房 大門 マリーナ本店」というスーパーに行ってきました。

2107282

購入したのは、インド産の「無頭エビ」(15尾 430円)・地元小浜産の謎の巻き貝「ミナ」(270g 256円)・県内のスーパーでよく見掛けた生の「味付イワシすり身」(100g 122円)です。ところでミナって何だろう……。長崎県ではシッタカのことをミナと呼ぶそうですが、これはどう見てもシッタカではありません。多分ミクリ貝(※)の一種だと思うのですが、調べれば調べるほどヤヤコシイことになっていったので、途中で検索するのを諦めてしまいました。

※九州にはミクリ貝の仲間をミナと呼ぶ地域がある。ホント……魚貝類の地方名って複雑ですよね。

2107283

宿の1階には結構広々とした宿泊客用の調理場があります。調理器具や食器などほとんどのものは揃っているので、好きな食材を持ち込むだけで「蒸し釜料理」を楽しむことができるんですね。

[参考]小浜温泉 湯宿 蒸気家

2107284

エビや貝は汁が流れ出るので、皿に載せてからザルに入れます。食材によって蒸す時間が異なるので、ホントは別々にした方が良いのでしょうが、面倒くさいので1つの皿に全て載せました。調理場内に食材別の蒸し時間の目安が書いてあるので、それを参考にすればOKです。分からないことは宿の方が教えてくれます。

2107285

素手だと温泉の蒸気(※)でヤケドをする恐れがあるので、先にゴム手袋を着用してから屋外にある蒸し釜へ。ヒモを引っ張って蒸し釜のフタを開け、食材をザルごと置いてフタを閉めます。

小浜温泉の熱量は日本一で、源泉の温度は105℃もあるそうです。

2107286

「使用中」と書かれた札があるので、それをフタの近くに置いたら、あとはしばらく待つだけです。ちなみに隣りの蒸し釜を使っていた若いカップルは、大きなワタリガニを2ハイ蒸かしていました。あとで調べてみたところ、9月から10月頃までの約2ヶ月間限定でいただくことのできる、「夕焼けガニ」という小浜温泉のブランドガニでした。う……羨ましい。でも一体どこで手に入れたんだろう。スーパーにはカニなんて並んでなかったんですよね。(訪れたのは昨年11月です)

2107287

「あのオヤジ、変な貝とショボいエビとすり身だけかよ」「この時期に小浜温泉まで来て、ありえなくな〜い?」と、カップルがひそひそと笑って話していた……かどうかは知る由もありませんが、10分ほど経ってからザルを取り出しました。2階の部屋に戻って焼酎と共にいただきます。

2107288

味付けは蒸す前に振り掛けた塩のみです。別府・鉄輪温泉でいただいた「地獄蒸し」のときと同様、不思議なことにたったこれだけで、自分が作った(と言っていいのか)とは思えないほどの料理に仕上がるんですね。エビは10分だと少し硬めになってしまいますが、それでも充分といえる旨さがあります。皿の底に溜まった汁(魚介エキス+温泉エキス?)を絡めていただくと、旨さがグッと増して思わず笑顔です。ただ……15尾はちょっと多い気がしますけどね。

2107289

謎の巻き貝「ミナ」は、身にツマヨウジを刺してから、貝殻の方をクルクルとゆっくり回せばキレイに取り出せます。見た目がちょっとグロかったので画像はありませんけどね。コリコリザクザクとしたイイ歯応えで、サザエほどではありませんが磯パンチがガツンとくるのがたまりません。イイ感じの苦味もあって、焼酎がついつい進んでしまいます。身は少なめですが、買ってきて良かったなと思いました。……負け惜しみではなく。w

2107280

「イワシすり身」は蒸したてでアツアツということもあって、ふっくらふんわりとしています。味がしっかりと付いていながらも、イワシの風味が強く感じられて美味しくいただくことができました。味付けは塩だけなのに、何故か甘味がしっかりと感じられる旨汁もかなりイケます。ちなみに「蒸し釜料理」は、小浜温泉の宿に泊まらなくても「海鮮市場 蒸し釜や」というお店などでも楽しむことができます。

[参考]味付いわしすり身・他


e_aji at 08:00│Comments(0) その他 | 長崎県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔