2021年08月20日

大村「大村あま辛黒カレー」

2108201

大村公園から1.6kmほどのところにある、旧楠本正隆屋敷を見学してきました。明治3年に建てられた、大村藩の武家屋敷の様式を色濃く残す邸宅です。

2108202

規模は小さめながらも、池泉回遊式庭園がステキなところでした。池泉といいながら、水量がかなり少ないのが気になりましたけど。

2108203

そこから400mほど歩いたところにある、旧円融寺庭園にも行ってみました。明治時代に廃寺となった、円融寺(現在は大村護国神社)に残された枯山水庭園です。築山に見立てた境内の斜面に、約400もの自然石が並べられております。

2108204

さらにクルマを4kmほど走らせ、長崎自動車道の大村ICの近くにある「ペーパームーン(紙月夢兎)」というレストランへ。お目当ては幟にある「トルコライス」……ではなく、平成20年に生まれた地域おこし系開発料理「大村あま辛黒カレー」です。大村あま辛黒カレー探検MAP(注:発行年月は不明)によると、現在10店舗で供されているようです。余談ではありますが、店の奥ではまだ午前の11時過ぎだというのに、「カンパ〜イ」という楽しそうな声が響いていました。w このときはまだ、長崎県の新型コロナ感染者数は1日0〜5人くらいでしたからね。(昨年11月の話です)

2108205

1582年(天正10年)にローマへ旅立った天正遣欧少年使節が、インドを経て1590年に帰国したのですが、そのとき日本に初めて(カレーの素となる)スパイスが持ち込まれたそうです。こういった背景から、大村市は「カレーのルーツのまち」としてアピールしているんですね。また、シュガーロードとも呼ばれる長崎街道が市の中心部を通っていること、大村特有の黒土で育った野菜やフルーツを使用していることから、「大村あま辛黒カレー」が生まれたのだそうです。ちょっと強引のような気がしないでもないですけど……。

2108206

オムレツ・エビフライ・ハンバーグ・唐揚げ・トンカツなど、いろいろトッピングメニューも充実しています。店員さんに勧められた、季節限定の「大村あま辛カキフライ黒カレー」(税込み1,210円)を頼むことにしました。大村湾産ではなく、広島産のカキみたいですけどね。w

2108207

カキフライと黒田五寸人参がそれぞれ3つ載った「大村あま辛黒カレー」に、キャベツ主体のミニサラダ・ラッキョウ・漬物が付いています。大村市が発祥とされる黒田五寸人参は、柔らかくて甘味が強くクセの少ないニンジンで、他の品種に比べてカロテンの含有量が多いのだそうです。

2108208

確かにとても柔らかく、フルーティーともいえる甘味があるんですね。カキフライは衣のサクサク感が弱めながらも、カキの旨味が濃くてとても美味しくいただけます。黒土をイメージした黒いカレーソースは、食用の竹炭パウダーが使われているそうです。じっくりと煮込まれているようで具はほとんど溶けてしまっていますが、粉々になった牛肉を確認することができました。心地の良い甘味と酸味があり、複雑というか手間の掛かっていそうな深味のあるイイ味わい。あとからジワジワとやってくる辛味もイイですね。やや硬めに炊かれたご飯もステキです。

2108209

残り3分の1のところで、「大村あま辛黒カレー」用に開発された特製スパイスを掛けてみました。すると……ガラムマサラ的な、かなりスパイシーな辛さに変化するのでした。額に汗が浮き出てきますが、ちょっとクセになりそうですね、コレ。GoToトラベルの地域共通クーポンを1,000円分使ったので、支払いは210円となりました。ごちそうさまです。

2108200

ちなみに「大村あま辛黒カレー」は、長崎空港の2階にあるレストランでもいただくことができます。

e_aji at 08:00│Comments(0) 洋食 | 長崎県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔