2021年11月19日

藤沢「牛乳ラーメン」その1

2111191

江の島最強のパワースポットともいわれる龍宮(わだつみのみや)を参拝したあと、折角なので島の西南端にある稚児ヶ淵まで行ってみることにしました。

2111192

……が、この日は風が強く、しかも結構冷たかったんですね。5分も経たないうちに引き揚げることとなりました。

2111193

空気が澄んでいてスバラシイ眺めだったんですけどね。もう少し厚手の上着を着てくれば良かった……と、ちょっぴり後悔しました。

2111194

江ノ電の江ノ島駅から、藤沢駅まで一旦戻ってきました。お目当ては「牛乳ラーメン」です。北海道など酪農が盛んな地域では、たまにお目に掛かることがあります。ここ藤沢市に酪農が盛んなイメージはありませんが、一部の市民にとってはソウルフード的な存在なのだそうです。「牛乳ラーメン」がソウルフードって珍しいかもしれません。

2111195

面白いことに藤沢の「牛乳ラーメン」は、札幌ラーメン系・横浜家系・町中華系・ニューウェーブ系などがあったりするんですね。ただ……数年前には7軒確認できていたのですが、先日改めて調べてみたところ内3軒は廃業またはメニュー落ちしていました。

2111196

今回は元祖といわれる、昭和45年創業の「こぐま」という札幌ラーメン系のお店に行ってみました。コの字型カウンターに10数席ほどの、昭和の香りがプンプン漂うお店です。やはり人気があるようで、11時20分頃には満席(開店時刻は11時00分)となっていました。

2111197

ほぼ全員が「牛乳ラーメン」を頼んでいると思っていたのですが、「味噌ラーメン」の注文も多く見られました。たまたまかもしれませんけど、なぜか醤油や塩を頼む人はいないんですね。

2111198

やや小振りのドンブリでやってきました。具はチャーシュー・モヤシ・茹で玉子・バター・ネギ。あとで気付いたのですが、よく見るとモヤシの中に少量の挽肉・キャベツ・玉ネギが混ざっていました。スープは地元藤沢市の湘南牛乳(近藤乳業)を使用。そのまんま牛乳味で、ホットミルクのような自然な甘味が感じられます。嫌みのない程度にニンニクも効いていて、クセになりそうな旨さがあるんですね。おじさんには少し塩気が強めながらも、ゴクゴクゴクゴクといけちゃいます。

2111190

それほど黄色くはありませんが、札幌ラーメンらしさのあるプリプリモチモチとした麺もイイですね。シャキシャキ感の残ったモヤシと一緒に口へ運ぶと、思わず笑みがこぼれてしまいます。今どきのラーメンと比べると、全体的にややチープな感じ(良くいうと昔ながらの感じ)がしないでもないですが、680円というお値段なので全く問題ありません。予想以上に満足度の高い一杯でした。こういうのは、好き嫌いが分かれると思いますけどね。

e_aji at 08:00│Comments(0) ラーメン | 神奈川県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔