2024年04月26日

名古屋「カイコウ飯」その2

24042601

2月にしては意外と寒くなかったので、ミッドランドスクエアの屋外展望台スカイプロムナードには日が沈むまでいることにしました。中部地方で現在最も高い超高層ビルで、名古屋の街を360度見渡すことができます。

24042602

ただ、通路から窓ガラスまで1mほどの距離があって、照明などの写り込みが激しいんですよね。例えば上の画像。薄らとではありますが、空に縦筋が入っているのがお分かりいただけると思います。しかし探してみると、写り込みがほとんどない場所もいくつかありました。

24042603

2kmほど離れているため小さく見える名古屋城も、安いコンデジの望遠レンズでなんとか撮影することができました。キレイに撮れているかどうかは別として。左下はライトアップされていない中部電力 MIRAI TOWERで、右下は名古屋港方面です。

24042604

中には三脚を利用してスマホを窓ガラスに密着させ、写り込まないようにするという方も。なるほどなぁ……。三脚は持ってきていないので、真似はできませんけどね。名古屋の夜景をこの高さから観るのは初めてということもあり、撮影が終わってからもしばらく眺望を楽しむことに。結局、2時間近くも滞在してしまいました。

24042605

このあと、ミッドランドスクエアと直接繋がる名駅地下街サンロードへ行き、昭和40年創業「名北飯店」のサンロード店に入りました。本店は名古屋市北区にあります。

24042606

お目当ては、9年前にも紹介したことのある「カイコウ飯」(980円)です。愛知県あるいは岐阜県が発祥と思われる中華料理で、両県を中心とした老舗の町中華にチラホラと見られます。漢字で書くと「鶏球飯」ですが、店によって「カイコウ飯」「カイコー飯」「カイコーウ飯」などと表記されます。

24042607

メニューに「野菜たっぷり、唐揚げ入りの中華飯」と書かれていましたが、その通りのビジュアルですね。具は鶏の唐揚げ・白菜・チンゲン菜・ニンジン・パプリカ(黄・赤)・ピーマン・タケノコ・キクラゲ・シメジ。唐揚げは食べやすいよう一口サイズにカットされています。また別に調理されており、餡が掛かっていない部分は衣がサクサクとしていてイイ食感です。

24042608

塩ベースの餡は、ニンニクがイイ具合に利いていて食欲をそそられますね。遅い時間だったためかご飯は少し柔らかめでしたが、美味しくいただくことができました。約2時間も寒空の下にいたので旨さもひとしおです。

24042609

サンロードから地上に出ると、身長610cmの巨大なナナちゃんが待ち構えていました。昭和48年4月生まれのようなので……もう51歳になるんですね。しばらく見ていたのですが、通路の半分くらいを占めているにも拘わらず、股の間を通る人は1人もいませんでした。

24042610

この日の宿はこちら。名古屋駅の近くにある「ヴィアイン名古屋新幹線口」です。

24042611

楽天クーポン・シャチ泊・全国旅行支援を併用して、シングル(食事券付きプラン)2泊が22,500円のところ12,400円に。さらに地域限定クーポン4,000円分と食事券8,000円分が貰えたので、実質400円となりました。

24042612

ホテル発行の食事券は、JR名古屋駅構内にある「名古屋うまいもん通り」などの26店舗で利用ができます。

※昨年2月の話です。現在はシャチ泊・全国旅行支援および食事券付きの宿泊プランはありません。

↓こちらで予約しました。
ヴィアイン名古屋新幹線口

e_aji at 08:00│Comments(2) 中華 | 愛知県

この記事へのコメント

1. Posted by いち   2024年04月26日 08:38
5 前回のものと比べてもやや違いがあるようですね。愛知の料理アレンジの幅は大きく感じます
2. Posted by A-chang   2024年04月28日 00:01
いち様

塩味でここまで彩り鮮やかなのは珍しい方かもしれませんね。
実は先月も食べてきたんですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔