長崎県

2021年07月23日

雲仙温泉「湯せんぺい」

2107231

雲仙を代表する銘菓のひとつに、「湯せんぺい」というものがあります。「べい」ではなく「ぺい」と表記するのですが、「煎餅のことを九州地方の方言で“せんぺい”ということがあるから(※1)」「米粉ではなく小麦粉で作られているから」「長崎中華街で月餅の餅を“ぺい”と読んだから」「食感が軽いから」などといった説があるそうです。歴史は古く、最後の島原藩主・松平忠和公に献上するために作られた菓子が始まりなのだとか。今も製造販売している業者は雲仙温泉に3軒(※2)、小浜温泉に3軒確認できました。

※1:佐世保には「九十九島せんぺい」、博多には「にわかせんぺい」がある。
※2:内1軒は「湯せんべい」と表記。

2107232

発祥地は小浜温泉となるのですが、雲仙温泉にある昭和39年創業の「松坂屋湯せんぺい本舗(松坂商店)」に行ってみました。店内には「湯せんぺい」の甘いイイ香りが漂っております。

2107233

15枚入りのもの(540円)でも良かったのですが、普段甘いものをほとんど口にしない私には、ちょっと量が多いんですよね。かといって、1枚(50円)では少なすぎるし……。

2107234

というワケで、5枚入りのもの(250円)を購入しました。これはハネ付きというレアな商品でもあります。

2107235

クルマを停めていた近くの駐車場で、早速いただいてみました。プリントされていないビニール袋に入れただけのものなのでお土産向きではありませんが、自分で食べるだけならこれで充分ですね。

2107236

原材料は小麦粉・玉子・砂糖。「湯せんぺい」というだけあって、水の代わりに温泉水を加えて生地を作るそうです。「松坂屋湯せんぺい本舗」では、それを5枚1組の金型に流し込んで焼き上げます。そのときにはみ出たハネを切り落としたものが、ちゃんとした商品となるのですが、ハネの方が好きという方も少なくないのだとか。解ります、解ります。

2107237

ヒマだったので1枚だけハネを取ってみました。この状態で直径105mmほどです。しかし……思ったよりもキレイに割れないもんですね。

2107238

雲仙温泉はかつて外国人の避暑地・保養地として栄えていたため……かどうかは知りませんが、裏には「YUSENPEI」の文字があります。パリパリサクサクとした軽い歯応えがイイ感じ。甘いものが好まれる長崎ですが、意外にも甘さは控えめなんですね。少し芳ばしさもあって美味しくいただくことができました。店内に漂っていたのと同じ甘いイイ香りが手に移るので、それをクンクン嗅ぎながらしばらく余韻を楽しむこともできます。

2107239

軽くて値段も手頃で3ヶ月くらい日持ちするので、お土産にも宜しいかと思います。長崎空港には、小浜食糧と三宅商店の「湯せんぺい」が並んでいました。ちなみにですが、長崎銘菓の「クルス」は「湯せんぺい」がルーツとなるそうです。

[参考1]小浜食糧 湯せんぺい
[参考2]小浜食糧 クルス

2107230

このあと、雲仙温泉の近くにある白雲の池に寄ってから小浜温泉に向かいました。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年07月21日

雲仙温泉「地獄蒸し温泉たまご」

2107211

雲仙地獄巡りの話の続きです。お糸地獄と呼ばれるところに着きました。不倫をしたあげく夫を殺してしまった、お糸という女性が処刑されたところなんだとか。……怖いよ〜。

2107212

家庭を乱すと地獄に落ちるぞ……という戒めを込めて、お糸地獄と名付けられたそうです。そんな場所に、雲仙地獄茶屋(雲仙地獄工房・雲仙地獄見台兼休憩所・雲仙地獄足蒸しの総称)があります。

2107213

折角なので、「雲仙地獄工房」で名物の「地獄蒸し温泉たまご」をいただいていこうと思います。繁忙期には、1日2,000個以上も売れるほど人気があるそうです。しかし……店のお姉さんは1日中1人でずっと、こんな蒸気モクモクで硫黄臭漂うところに居るんですかね。余計なお世話ですけど。

2107214

さすがに1人で5個は食べられないよな……と思って訊いてみたら、2個(200円)から買えるとのこと。店内で早速いただいてみました。当然のことながらアツアツなので、割る際には注意が必要です。

2107215

ちなみにこの「地獄蒸し温泉たまご」は、1個食べたら1年長生き​。2個食べたら2年長生き。3個食べたら死ぬまで長生き……といわれているそうです。

2107216

温泉玉子といっても、高温の蒸気で蒸すので半熟ではありません。けれども白身は柔らかめでプルンプルン、黄身はしっとりとイイ具合に仕上がっております。温泉から作られているという塩をチョコンと付けていただくと、旨さも倍増されるような気がしますね。硫黄臭もイイ意味で調味料となっていました。

2107217

「雲仙地獄工房」から坂を上っていくと、雲仙地獄の中でも最も活発に噴気しているという大叫喚地獄に付きます。その名のとおり噴気孔からゴォーッという音が鳴り響いていて、なかなかの迫力があります。画像だと全然伝わらないでしょうけどね。

2107218

他に邪見地獄・葬頭川の婆石・浄瑠璃の鏡石・小さな小さな泥火山などを観て、雲仙地獄巡りを終えました。

2107219

雲仙温泉には現在2つの共同浴場があるのですが、この日の宿泊地が小浜温泉だったので今回はスルー。

2107210

代わりに足湯で満足してきました。やっぱり入っておけば良かったなぁ……と、今は後悔しております。(涙)




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年07月19日

雲仙温泉「雲仙ハヤシ」

2107191

標高約700mのところにある雲仙温泉に着きました。地面から吹き出す蒸気によって視界が悪くなることがあるため、清七地獄(約30ヶ所の地熱地帯から成る雲仙地獄のひとつ)の周辺は駐停車禁止となっています。

2107192

雲仙地獄巡りをする前に腹ごしらえをしておきます。9時から営業している、「喜久」というお店に入りました。お目当ては、地域おこし系の「雲仙ハヤシ」です。雲仙温泉は明治期から昭和初期に掛けて、外国人の避暑地・保養地として栄えていたそうです。彼らの口に合うようにと、カツ丼にデミグラスソースを掛けたものを「洋風丼」として出したところ大人気となったんですね。平成26年にそれを地域おこしのために復活させたのが、「雲仙ハヤシ」というワケです。

2107193

店内のどこにも「雲仙ハヤシ」の文字が見当たらないので、店のお母さんに訊いてみたところ、「壁にあるハヤシライスがそう」とのこと。

2107194

卓上のメニューには、以前紹介した「スーパイコ」もありました。もちろん、「ちゃんぽん」や「皿うどん」もございます。

2107195

ご飯は柔らかめで、ドンブリ1杯分よりもやや少なめといったところ。ハヤシソースの具は薄切りの牛肉と玉ネギのみで、パセリが少々トッピング。ソースは比較的サラッとしていて、程良い酸味と優しい甘味があります。旨味が充分ありながらもアッサリとした仕上がりなので、朝からでもペロッといけちゃいますね。玉ネギはシャキシャキのものと柔らかいものが混ざっていて、なかなか面白い食感でした。

2107196

あとで気付いたのですが、元々の「洋風丼」はカツ丼にデミグラスソースを掛けたものだったんですよね。でもこれにはカツが載ってません。供する店は約10軒あるのですが、何故か他の店の「雲仙ハヤシ」にもカツが載っていないんですよね。(1軒だけ載せてる店がある)どうしてこうなっちゃったんでしょう。このお店には「ハヤシカツ丼」というものもあるのですが、そちらの方が「洋風丼」に近いのでは……。う〜ん、ナゾです。

2107197

このあと、お店の向かいにある温泉神社を参拝してきました。島原半島にかつて18社あった温泉神社の総本山となるそうです。「おんせんじんじゃ」ではなく、これで「うんぜんじんじゃ」と読むんですね。

2107198

そこから更に奥へと進み、地獄巡りをしてきました。画像は八万地獄です。案内板には、「八万地獄というのは、人が持っている八万四千の煩悩によってなされた悪行の果てに落ちる地獄のこと……」と書かれていました。煩悩の数って108つだよな……と思ったのですが、仏教で数の多いことを「八万四千(はちまんしせん)」と表現するのだそうです。

2107199

コチラは少し坂を上ったところにある、八万地獄展望台からの眺めです。雲仙地獄巡りはまだまだ続きます。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(8)

2021年07月16日

島原「長崎の昆布巻」

2107161

今回の旅、12日目。前日に「西有家ショッピングセンター クレア」で買っておいた「昆布巻」(432円)を、朝食としてホテルの部屋でいただきました。平成23年に設立された長崎かんぼこ王国では、「昆布マキオ」という名のゆるキャラにもなっています。

2107162

ハッキリとした販売エリアはよく分かりませんが、長崎県広域に見られる板無しカマボコです。少し調べてみたところ、メーカーは長崎市や南島原市など県南部に多く見られました。長崎のお雑煮には欠かせないものでもあるそうです。

2107163

製造元は南島原市にある、明治14年創業の内田蒲鉾店となっております。前回紹介した「南蛮コロッケ」と同じメーカーなんですね。半月ほど前に紹介した、「ひろす(豆腐かまぼこ)」も製造販売しています。

2107164

14×5×3cmほどの大きさ。昆布に少しヌメリがあるので、ちょっと切りづらいですね。といっても、ちゃんとした包丁とまな板であれば問題ないと思います。旅先なので、アーミーナイフと開いた牛乳パックを使ってますから。w

2107165

ザクザク感のあるすり身に、よりザクザク感の強い昆布が巻かれていて、しっかりとした歯応えがあります。思ったよりも昆布の風味は弱めで、良く言えば上品な味わい。味付けもどちらかというと控えめなので、醤油をチョコンと付けても宜しいかと思います。見た目どおり、酒のアテにピッタリ……といった旨さがありました。

2107166

ちなみにコチラは富山県の「昆布巻」です。長崎県のものにそっくり……というか瓜二つなんですね。多分なにかしらの接点があると思うのですが、調べてみてもよく分かりませんでした。長崎県では富山県ほどの需要はないようで、スーパーに置かれている確率は1〜2割といったところでした。

2107167

コチラは富山県や石川県などでよく見掛ける「赤巻」です。昆布の代わりに着色したすり身が使われています。島根県の萩市にも「朱巻」というそっくりなものがあるので、もしかしたらこれらは北前船によって伝えられたのかもしれません。

[参考1]富山の昆布巻・赤巻
[参考2]萩の朱巻・他

2107168

富山県には他に、見た目が水色の「青巻」というものもあります。長崎県にもご覧のような「うず巻かまぼこ」「巻かまぼこ」というそっくりなものがあるのですが、「赤巻」は朱色ではなくピンク色、「青巻」は水色ではなく緑色といったビミョーな違いがあるんですね。う〜ん、何でこうなっちゃったんでしょう。……ナゾです。

[参考3]富山の青巻
[参考4]長崎の青巻

2107169

「昆布巻」を全て食べ終えてからホテルを出発。雲仙温泉に向かう途中、俵石展望所・仁田峠第二展望所・仁田峠第一展望所に寄りました。画像は第二展望所から眺めた、雲仙岳(20を超える山々で構成された火山)の最高峰となる平成新山です。

2107160

天気はイマイチでしたが、有明海に差し込む薄らとした光線がちょっぴり幻想的でした。実は風が強くて、かなり寒かったんですけどね。(昨年11月の話です)




e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)

2021年07月14日

南島原「南蛮コロッケ」

2107141

谷水棚田から西望公園へ移動しました。長崎市にある平和祈念像の作者、北村西望の生家でもある西望記念館(※)は、あれっ……閉まってますね。どうやら休館日だったようです。ちゃんと調べたはずなんだけどなぁ……。

2107142

その代わりにといっては何ですが、先ほど訪れた原城跡を公園から望むことができました。近くで観たときはあまり感じられませんでしたが、結構な高低差があるんですね。

2107143

近くにある有馬キリシタン遺産記念館にも寄ってみました。……が、あら、コチラも休館日ですか。まぁ、たまにはこういうこともあるもんです。

2107144

さて、夕食は南島原市の地域おこし系開発料理、「島原そうめん鉢」をいただいてみようと思います。といっても定義はかなりユルく、島原手延そうめん・地元の食材・花クルス(十字架文様)を描いた波佐見焼の器が使ってあれば何でもアリなんですね。「島原そうめん鉢 食べ歩きマップ」によると、現在22店舗でいただくことができるようです。

2107145

「麺商須川 面喰い」というお店に行ってみました。……が、ここも定休日。いや、ここは確か無休のはずです。営業時間外でもないのですが……。う〜ん、仕方がないので諦めますか。

2107146

他のお店を探す気力が失せていたので、隣りにある「西有家ショッピングセンター クレア」に行きました。ここでちょっと面白いカマボコを購入していきます。

2107147

他にも何かないかなぁ……と思っていろいろ物色していると、「南蛮コロッケ」なるものを発見。実はこれも南島原市の地域おこし系なんです。詳しく調べてないのでよく分からないのですが、長崎がジャガイモ伝来の地であること、南島原の口之津港に南蛮船が入ったという記録があること……などに因んだものだそうです。ちなみに長崎県のジャガイモ生産量は、現在全国で3位(※)となっております。

※1位はもちろん北海道で、2位は鹿児島県。平成29年までは長崎県が2位でした。

2107148

3個入りのパック(税込み324円)を購入し、ホテルの部屋でいただきました。「南蛮コロッケ」の定義は「島原そうめん鉢」と同様かなりユルく、南島原産のジャガイモと地元(範囲は不明)の食材を使えば何でもアリ。平成24年に誕生したときには供する店が13店舗あったそうですが、現在は5店舗(令和元年12月のデータですけど)を残すのみなんですね。今回購入したのは、南島原市にある明治14年創業の内田蒲鉾店のものとなります。

2107149

80×60×25mmほどの大きさ。冷めていることもあって衣にサクサク感はありませんが、粗く潰されたジャガイモが入っているのでゴロゴロ感が楽しめます。

2107140

具は細かくて分かりづらいですが、ヒジキ・揚げカマボコ・シイタケが入っています。あとで調べてみたところ、他にニンジンと玉ネギも使われていることが分かりました。この時は確認できませんでしたけどね。また衣には、玉子や小麦粉の代わりに魚のすり身が使われているそうです。う〜ん、これも気付きませんでしたね。とはいえ、少し甘味のある懐かし系のコロッケで美味しくいただくことができました。画像はありませんが、他にも総菜をいくつか購入してきたので、今夜はこれらをアテに焼酎をチビチビやろうと思います。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)