居酒屋・酒のアテ系

2021年06月02日

長崎市「長崎おでん」

2106021

出島(出島和蘭商館跡)を見学したあと、オランダ坂を歩いてきました。大浦東山手居留地に住む「オランダさん(西洋人)」が往来していた石畳の坂道で、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

2106022

明治元年に建てられたとされる東山手十二番館(画像上と左下)は、東山手地区に現存する最古の洋館で、国の重要文化財となっております。

2106023

明治20年代後半に建てられた東山手洋風住宅群7棟は、急斜面地の狭いエリアに張り付くように並んでいます。内部の構造がほとんど同じなため、社宅だったとも賃貸住宅だったともいわれております。

2106024

長崎新地中華街を通って、思案橋までやってきました。……が、ちょっと早く着いてしまいましたね。なので、しばらくこの界隈を散策することに。

2106025

18時になりそうなところで、昭和27年創業だという「はくしか」の銅座店(17時30分からの営業)に入りました。まだ空いていましたが、予約されてるお客さんが多いようで、カウンター席に案内されました。

2106026

お目当ては「長崎おでん」です。今まで長崎のおでんといえば、アゴ(トビウオ)ベースのダシという認識だったのですが、必ずしもそうではないんですね。調べてみると、老舗のおでん屋でも鶏ガラベースだったりするんです。コチラのお店では、平戸産の焼きアゴの他に干し貝柱・カツオ節・昆布を使っているそうです。

2106027

1番安い焼酎のロック(400円)で、今日もお疲れさまでした……と。この日の付き出し(420円)は、鶏そぼろ・レンコン・芋のツルを和えたものです。

※価格は全て税抜きです。

2106028

画像左の「はくしか特選揚げ」は、挽肉・ゴボウ・ニンジン・キクラゲが入ったすり身揚げでフワッフワ。手前の「はす天」は、厚さ7mmほどのハスと黒ゴマが入っていて、やはりフワフワ仕上げなんですね。厚さ4cmほどの「大根」は、中までダシがしっかりと浸みています。少し甘味のある薄めの味付けでアッサリとしているのですが、ダシの旨味はしっかりとしていて、とても美味しくいただけます。うどんを入れても良さそうな感じですね。

2106029

左のボール状の「いか天」は、細かく刻まれたイカが入っています。コチラはフワフワではなく、ザクザクとした少し歯応えのあるタイプなんですね。中央の「あつあげ」は、思ったよりダシが浸みていなかったので、ダシをよく絡めていただきました。右の直径4cmほどの「はんぺん(※)」は、関東の柔らかい「はんぺん」と板付きカマボコの中間くらい食感。なので、関東の「はんぺん」だと思って持ち上げると、少し重みを感じます。やはりダシが利いていてイケますね。今回は6つしか頼みませんでしたが、どれもが満足度の高いものでした。

※長崎で「はんぺん」といったら、「ちゃんぽん」や「皿うどん」に入っているピンクや緑の板状の練りもののことですが、それとは異なるものです。まぁ……見れば分かると思いますけどね。

[参考]ちゃんぽん・皿うどん用の蒲鉾

2106020

もちろん、ユズコショウも使いましたよ。焼酎のロックをお代わりして、〆て税込みで2,420円。ごちそうさまでした。ちなみにこのお店で人気のあるおでん種ベスト3は、意外にも「大根」「こんにゃく」「あつあげ」となるそうです。長崎のおでんは練りものが主体なので、当然それらが入ってくるものと思ってました。う〜ん、分からないもんですね。

[参考]まるなか本舗 七福玉手箱 長崎おでん




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年05月24日

長崎市「長崎のクジラ料理 その2」他

2105241

新地中華街電停から石橋電停へ移動。グラバースカイロードという無料の斜行エレベーターに乗り、グラバー園の第2ゲートへ向かいます。……が、今回はグラバー園には入りません。というのも、世界遺産の構成資産となっている旧グラバー住宅が、現在改修工事中(令和3年12月に終了予定)なんです。なので、南山手レストハウス(旧清水氏住宅)を見学してから、祈念坂を下りました。画像右下の旧グラバー住宅は、13年ほど前に撮ったものです。

2105242

祈念坂を下ると大浦天主堂に着きます。幕末の元治2年(1865年)に建てられた、現存する日本最古のキリスト教建築物で、世界遺産の構成資産でもあり国宝建築物でもあります。拝観料は……1,000円に跳ね上がりましたか。過去に2度見学したことがあるので今回はスルーしようかな……とも思ったのですが、GoToトラベルの地域共通クーポンが使えるようなので、やはり入ることにしました。ちなみに、13年前の拝観料は300円でした。

2105243

先に礼拝を済ませてから、キリシタン博物館となっている旧羅典神学校と旧長崎大司教館を見学してきました。教会建築を1度も見たことのない日本の大工の手によって建てられた、天主堂の内部もお見せしたいのですが、残念ながら撮影は禁止されております。

2105244

グラバー通りなどを散策したあと、大浦天主堂電停から浜町アーケード電停へ移動しました。

2105245

「浜んまち商店街」と呼ばれる浜町アーケードは、長崎屈指の繁華街ですが国道324号の旧道でもあります。このようなアーケード国道は、他に東大阪市(サンロード瓢箪山〜ジンジャモール瓢箪山)にしか見られないそうです。

2105246

空が暗くなった頃、浜町アーケード電停のすぐ近くにある「大衆割烹 樋口 築町店」に入りました。長崎県は1人あたりのクジラ肉消費量が日本一ということで、佐世保では「クジラ刺(赤身)」と「クジラの竜田揚げ」をいただきましたが、今回はクジラの各部位を楽しんでみよう……というワケです。

2105247

1番安い焼酎「ひぐち/麦」(400円)のロックで、今日もお疲れさまでした……と。このお店オリジナルの焼酎で、麦と芋があります。焼酎は他に、550円から990円までのものが用意されています。

※価格は全て税抜きです。

2105248

「大鉢料理 五種盛り合わせ」(980円)を頼もうと思っていたのですが、カウンター席限定の「季節の酒肴セット/本日の刺身+季節の自家製豆腐+本日の大鉢3種」(1,200円)をお店の方に勧められたので、そちらに変更することにしました。ヒラス(ヒラマサの地方名)と本マグロの刺身(※)・カボチャのピューレとウニが載った自家製豆腐・ハーブ鶏と冬瓜のスープ煮・県産小松菜と菊花のお浸し・県産キビナ(キビナゴの地方名)の南蛮漬けといった内容です。九州らしい甘めの醤油でいただく、コリッコリのヒラスがたまりませんね。程良く脂ののった、本マグロならではの旨味もたまりません。もちろん、3種の大鉢料理も申し分なしです。

※長崎県は養殖クロマグロ(本マグロ)の生産量と出荷量が日本一だそうです。

2105249

最初はカボチャとウニと豆腐という組み合わせってどうなんだろう……と思っていた「季節の自家製豆腐」も、意外とイケるものでした。濃厚な味わいの豆腐自体も美味しいんですね。醤油をほんの少し加えると、上品な甘味がより強く感じられました。

2105240

そしてお待ちかねの「くじら盛合わせ 五種」(2,480円)が登場。お好みで、酢味噌やポン酢などでいただきます。画像左上の「尾羽」は、尾を薄くスライスし茹でて冷水にさらしたもの。全国的には「さらしクジラ」として知られていると思いますが、地域によっては「おばいけ」「おばき」「おばけ」などと呼ばれます。スポンジのようなフワフワ感があり、意外と淡白な味わいです。右上の「末広」は、畝須(うねす)と呼ばれる上質な部位を茹でたもの。「クジラベーコン」に似ていますが、アッサリ目ながらも旨味がしっかりと感じられます。中央の「湯かけ」は、塩漬けしたクジラ肉をサッと湯がいたもの。スーパーでも何度か見掛けました。かなり薄く切られていて、ポン酢でいただくと、まるでクジラのしゃぶしゃぶのようです。左下の「さえずり」は、舌を茹でたもの。弾力がありながらもフワフワで、口へ運ぶと脂の甘味と旨味がすぐに広がります。右下の「クジラベーコン」は、全国的にもお馴染みですね。全体的に脂っこそうに見えるかもしれませんが、そんなことはなく、どれもがとても美味しくいただけました。他に「ひぐち/芋」(400円)のロックを2杯頼んで、〆て税込みで5,258円。GoToトラベルの地域共通クーポンを5,000円分使ったので、258円の支払いとなりました。ごちそうさまです。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年04月21日

佐世保「長崎のクジラ料理 (その1)&げんこつ(その2)」他

2104211

いくつかのスーパーで買い物を済ませたあと、弓張岳の展望台まで行ってみました。カーナビの不具合で沈む夕陽を拝むことはできませんでしたが、なんとか九十九島を望むことができました。

2104212

展望台の反対側からは、佐世保市街地の夜景を観ることができます。米海軍佐世保基地には、強襲揚陸艦アメリカとドック型揚陸艦グリーン・ベイ(画像左下)、およびドック型揚陸艦アシュランド(右下)が確認できました。肉眼だとよく分かりませんけどね。

2104213

ホテルのチェックインを済ませてから、夜店公園通り沿いにある「注連蔵」という立ち呑み屋に行きました。本来はキャッシュオンですが、GoToトラベルの地域共通クーポンを使う旨を伝えたら、後払いにしてくれました。

2104214

まずは焼酎のロックで、お疲れさまでした……と。銘柄は忘れましたが、1杯目は米焼酎(420円)を。2杯目と3杯目は「長崎っ子」という、聞いたことのなかった麦焼酎(380円)を頼みました。

2104215

まずはカウンターに並んでいた「キビナゴの南蛮漬け」から。キビナゴが5匹入って100円というのは驚きですね。スーパーのものより安いのでは……。それでいて、お味の方は全く遜色ありません。

2104216

江戸時代、数多くの捕鯨基地があったという長崎県は、1人あたりのクジラ肉消費量が日本一……というワケで「クジラ刺」(400円)を頼んでみました。ルイベ状のクジラ刺4枚に、キャベツ・レモン・おろしショウガが添えられております。8〜10mmほどの厚さがあり、食べ応え充分。口の中で溶けていくにつれ、クジラの旨味がジワジワとやってくるんですね。九州らしい甘めの醤油でいただくと、その旨味もグッと増すような気がします。

2104217

お次は「すぼ柚子」(330円)。その名の通り、「すぼ巻き」に柚子コショウを添えたものです。「川内かまぼこ」として紹介済みではありますが、美味しかったのでまた食べてみたくなったんですね。平戸では何も付けずにそのままいただきましたが、甘めの醤油と柚子コショウをチョコッと付けると、九州に来た感が更にアップします。

[参考]川内かまぼこ

2104218

昭和の人間には懐かしい、「クジラの竜田揚げ」(390円)も頼んでみました。「クジラ刺と同じものを使ってますけどイイですか?」と訊かれましたけど、生と火が通ったものとでは味も食感も違うので全く問題ありません。私が小学生のときに給食で食べていたカッチカチでパッサパサの「クジラの竜田揚げ」とは程遠く、柔らかくてしっとりとした仕上がり。ソースを掛けても旨そうだな……と思いましたが、カウンターに調味料の類いはなかったので、そのまま美味しくいただきました。

2104219

最後に「おでん」(各150円)を頼みました。長崎県の中でも佐世保に比較的多く見られる「げんこつ」、博多発祥(諸説あります)ともいわれる「ぎょうざ天(ぎょうざ巻き)」、「あるまど」はなかったので「玉子」をセレクト。13年ほど前にいただいた「げんこつ」はドーナツ型でしたが、コチラは丸いタイプなんですね。細かく刻まれたイカゲソが練り込まれているだけなんですけど、これが結構イケるんです。フワッとしていて、意外とボリュームもあります。いずれも味がしっかりと浸みていて、美味しくいただくことができました。もちろん、柚子コショウも付けましたよ。地域共通クーポンを2,000円分使ったので、410円の支払いとなりました。ごちそうさまです。

2104210

この日の宿はコチラ。「ホテル ビブロス」で、GoToトラベルを利用してシングルが2泊4,680円(泊まっておうえん割プラン)。更に地域共通クーポンが1,000円分貰えたので、実質3,680円となりました。他に2泊分の駐車場代、1,400円が掛かりましたけどね。

↓コチラで予約しました。
ホテル ビブロス




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年03月03日

下田「伊勢エビの刺身&舟盛り」他

2103031

下田市の中心部に到着。なまこ壁の町並みと、ペリーロードをのんびりと歩いてきました。

2103032

コチラがペリーロード。ペリー提督が下田に上陸した際、日米和親条約付録(下田条約)の交渉場所となった了仙寺(画像右下)まで、300人を超えるペリー艦隊が行進したという約400mの道です。

2103033

下田市の中心部から、宿の近くにある恵比須島へ移動。橋で渡れる島なので一周するつもりだったのですが、あいにく満潮時で遊歩道に時々波が被るんですね。危ないので、サッサと引き返してきました。

2103034

ようやく宿に到着しました。部屋の窓からは、新島や式根島などを望むことができる(一部の部屋を除く)温泉民宿です。夕食も朝食も部屋食というのが嬉しいですね。ひと休みしたあと、日本酒で乾杯をしました。

2103035

今回の旅、最大の目的はコチラの夕食だったんです。宿のご主人は漁師さん、若女将は海女さんということで、新鮮な海の幸がズラリと並んでおります。画像に収まっていないものもありますが、高級魚のキンメダイがメインとなる舟盛り・伊勢エビの刺身・キンメダイの煮付け・エビと白身魚と野菜の天ぷら・茶碗蒸し・サザエのつぼ焼き・野菜とキノコの鶏そぼろ餡かけ・モズク酢・漬物・味噌汁・ご飯といったスバラシイ内容です。

2103036

舟盛りはキンメダイの他に、アジのたたき・カツオ・マグロの中トロが載っております。キンメの上品な甘味がたまりませんね。部位によって少し異なる食感も楽しめます。しかし……これだけでもう充分といえるボリュームですね。仮にこの半分の量であっても、私たちは満足することができます。

2103037

1人1尾付く伊勢エビは、刺身の他にボイルや鬼殻焼きなどにすることもできますが、刺身をチョイスしました。刺身だと翌朝、伊勢エビの味噌汁がいただけますからね。身はプリップリ……を少し通り越してザックザク。しっかりとした甘味もあって、とても美味しくいただけます。まだ生きているため、ゆっくりゆっくりとほふく前進しているのが、ちょっと怖いですけどね。w

※注:伊勢エビの漁期は9月中旬から5月中旬までです。

2103038

伊豆定番ともいえるキンメの煮付けは、体長22cmほどで小振りですがこれで充分。甘辛い味付けでお酒にも合いますが、やっぱりご飯に合うんですよね。タイミング良くおひつに入ってやってきたので、ホカホカご飯に載せて美味しくいただきました。

2103039

味噌汁はなんと、フジツボとカメノテ入り。いいダシが出るんですよね。う〜ん、満足。こうなることは分かっていましたが、お腹がパンパンでちょっと苦しくなってしまいました。下田の飲食店でこれだけのものを頼んだら、2人で15,000円は軽く超すのではないでしょうか。……なんてセコいことを、ふと思うのでした。

2103030

この日の宿はコチラ。「温泉民宿 浜屋」で1泊2食付き2人分が17,005円(伊勢海老祭りプラン/入湯税込み/酒代別/GoToトラベル利用)でした。更に地域共通クーポンが4,000円分付くので、実質13,005円の支払いとなりました。(昨年11月下旬の話です)いや〜、来て良かった。駐車場から宿まで、急な坂道と階段を上らなければならないのがアレですけどね。w

↓コチラで予約しました。3年ほど前に紹介した、「いけんだ煮味噌」がいただけるプランもございます。
下田温泉 温泉民宿 浜屋




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年08月27日

「NIJYU-MARU」

2008271

しばらく続くと思われる株主優待ネタです。今回はコロワイドが東京都と神奈川県に現在13店舗展開する、「NIJYU-MARU」という居酒屋チェーンです。居酒屋といっても和食だけでなく、中華・韓国・ベトナム・タイ・イタリアなど何でもアリ。前々回に紹介した「うまいもん酒場 えこひいき」と同様、店舗数はかなり減ってきていて、昨年と比べても半分以下という状況です。コロワイド……大丈夫でしょうか。w

※愛知県にもありましたが、今年の7月に鶴舞店が閉店したことによって東京・神奈川のみとなりました。

2008272

私は「ホッピーセット黒」(439円/税別)を、相方は「カシスウーロン」(499円)を頼みました。(撮り忘れたお通しは399円)今や全47都道府県で見られるようになった「ホッピー」ですが、関東だけで売り上げの8〜9割を占めるのだそうです。

※画像に写っている360mlのリターナブル瓶は、現在も関東でしか流通していないらしい。

[参考]全国に流通する330mlのワンウェイ瓶ホッピー

2008273

まずは「焼きたてバゲットクルトンのシーザーサラダ」(499円)から。レタスが主体で、他に焼きたてのバゲット・赤玉ネギ・ベーコン・粉チーズ・パセリなどが使われています。チーズ系ドレッシングがタップリと掛かっていて、ツマミとしてもイケますね。

2008274

お次は「手づくり厚焼きたまご」(399円)。メニューの写真だと硬そうに見えたのですが、ジューシーでちゃんとフンワリと焼かれているんですね。薄味だったので、大根おろしに醤油を少し垂らして美味しくいただきました。

2008275

「ホッケの炙り焼き」(599円)は、小振りながらも肉厚でジューシー。同系列の「えこひいき」でいただいたものより脂のノリは弱めですが、なかなかイケるものでした。しかし……私たちはよくホッケを頼みますね。まぁ、このお店は焼き魚の選択肢が殆どないというのもあるんですけど。

2008276

「海老のベトナム風生春巻き」(499円)は、ボイルエビ・サニーレタス・キュウリ・ニンジンが巻かれています。生春巻きという名前に負けて、ついつい頼んでしまうことが多いのですが、口の中に入ってしまうとフツーにサラダなんですよね。なので、スイートチリソースをタップリと絡めていただきました。

2008277

最後は「エビマヨ」(499円)です。開いたエビに衣をつけて揚げたものに、甘味と辛味が程良く利いた濃厚マヨ系ソースが絡めてあります。エビが薄くなった分プリプリ感は弱めですが、衣はサクサク感が残っていて値段の割には美味しくいただけました。細かく砕かれたピーナッツも、良いアクセントになっています。

2008278

他に「ホッピーの中」(209円)を2杯頼んで、〆て2人で税込み5,113円となりました。コロワイドの株主優待カードを使ったので支払いは0円。ごちそうさまです。





e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)