中華

2021年08月11日

大村「太麺皿うどん」その3(そぼろ皿うどん)

2108111

ホテルのチェックインを済ませ、空が暗くなるのを待ってから(お腹が空いてから)外出しました。画像はホテルの部屋から大村湾越しに観た夕陽です。

2108112

ホテルから歩いて4分ほどのところにある、昭和30年創業の「山口屋」という中華料理店に行きました。交通量の多い国道34号沿いにあるのですが、周りに派手なチェーン店が並んでいることもあり、もしかしてまだ準備中?と勘違いするような地味な佇まいなんですね。看板の電気ついてないし……。どうやら、出前をメインとしているようです。そんなお店で今回いただくのは、「そぼろ◯◯◯」というもの。丁度2ヶ月前に紹介した「とり皿うどん」と同様、主に長崎県の老舗中華料理店に見られるもので現在は減少傾向にあります。

2108113

このお店にはご覧のとおり、「そぼろちゃんぽん」「そぼろ皿うどん」「そぼろ焼そば」があります。(※1)でも、この場合の「そぼろ」って何のことだろう。「浦上そぼろ」の「そぼろ」(粗い千切り、または余り物のこと ※2)とも違うようだし……。ちょっと調べてみたところ、8年ほど前にケンミンSHOWで「そぼろちゃんぽん」が取り上げられていました。番組情報によると、「そぼろというのは具沢山という意味」らしいです。ただ、蛭子能収さんが言ってたことみたいなので、イマイチ信憑性に欠けるような……(笑)。実際に長崎県民でさえも、「知らない」「聞いたことがない」という方が少なくないのだとか。ちなみに大村市は、太麺(チャンポン麺)を使った「皿うどん」が主流です。全国的に見られる極細揚げ麺を使った「皿うどん」は、コチラのお店では「焼そば」と呼びます。(そば焼きの記事参照)話がヤヤコシくてすみません。

※1:メニューに「とり皿うどん」「とり焼そば」もありますが、やはり「とりちゃんぽん」はないんですね。不思議です。(とり皿うどんの記事参照)
※2:諸説あります。(浦上そぼろの記事参照)

2108114

このお店は「皿うどん」が人気らしいので、太麺の「そぼろ皿うどん」(950円)を頼みました。くどいようですが、全国一般的な揚げ麺の方を頼みたい場合は「そぼろ焼そば」となります。念のため店のおばあちゃんに「そぼろって何ですか?」と訊いてみたところ、「味付けは同じなんだけど具が少し良くなる」とのこと。甘めに味付けされた塩ベースの餡の具は、肉団子・豚肉・エビ・イカゲソ・赤はんぺん(ちゃんぽんにも使われるピンクの練りもの)・揚げカマボコ・キャベツ・モヤシ・玉ネギ・長ネギ・キクラゲ。これを見る限りでは、「そぼろ」って他の店でいうところの「特製」「特上」「上」などにあたるように思えます。ただ……ごく一部なのですが、「そぼろ◯◯◯」と「特製◯◯◯」の両方をメニューに載せる店も存在するんですよね。やはり蛭子さんの言ったように、「具沢山」という意味なのかもしれません。

2108115

長崎市の製麺所からわざわざ取り寄せているという麺は、焼き目がしっかりと付いていて香ばしいうえに、かなりコシが強くてとても美味しくいただけます。これほどコシのあるチャンポン麺は珍しいのではないでしょうか。もしかしたら長崎県民が好むものとは違うのかもしれませんが、食感マニアにはたまらないものがあります。ちょっと焦げが気になるところもありますが、個人的には全く問題ありません。多めに入っているコリッコリのイカゲソと、モッチリとした肉団子も良いアクセントになっています。アッサリ目な仕上がりなのも、おじさんには嬉しいですね。

2108116

「ソースもあるから」「洋コショウもあるよ」……と、味変を笑顔でグイグイと勧めてくれるおばあちゃんもステキです。ちなみに、洋コショウというのは普通のペッパーのことです。九州北部などトウガラシのことをコショウ(※)と呼ぶ地域では、区別するためにペッパーを洋コショウと呼んだりするんですね。

※代表例としてユズコショウが挙げられますが、現在はトウガラシそのものをコショウと呼ぶ人は少ないそうです。

2108117

折角なので、後半は酸味の利いたウスターソースと洋コショウを少々掛けました。やはりB級感がグッと増して美味しくいただけますね。更に「酢を掛けても美味しいよ」といって、わざわざ他の席から酢を持ってきてくれました。長崎県で「皿うどん」に酢を掛けるのはかなり少数派だと聞いていたので、まさか勧めてくるとは思ってもみませんでした。

2108118

しかし……ホントに「皿うどん」って奥が深いですね。このブログは基本的に「広く浅く」なので、あまり深く掘り下げるのはやめておこうと思います。鍋や大皿を持参して「皿うどん」を持ち帰るお客さんもいる……などといった話も、やめておこうと思います。

2108119

このあと大村駅の近くにあるスーパーに寄ったのですが、ここにも茹でピーナツ入りの「煮ごみ」が並んでいました。紹介したものとは少し異なり、茹でピーナツ・レンコン・シイタケ・タケノコ・ニンジン・コンニャクといった内容です。

2108110

この日の宿はコチラ。「大村ヤスダオーシャンホテル」で、GoToトラベルを利用してシングル(早得プラン)が1泊2,860円。更に地域共通クーポンが1,000円分貰えたので、実質1,860円となりました。

↓コチラで予約しました。
大村ヤスダオーシャンホテル




e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)

2021年06月28日

島原「一口餃子&スーパイコー」他

2106281

湧水庭園 四明荘を見学したあと一旦ホテルに戻り、空が暗くなるのを待ちました。

2106282

開店時刻の18時になったので、ホテルのすぐ近くにある「雲龍亭」という中華料理店に行きました。長崎市にある有名店「雲龍亭」の暖簾分けだそうです。

2106283

お目当ては雲龍亭名物の「一口餃子」と、長崎県で「スーパイコー」などと呼ばれるものです。漢字で書くと「酢排骨」。まぁ……つまり、酢豚のことなんですけどね。ケンミンSHOW情報によると和製中国語だそうで、「糖醋排骨/タンツーパイグー/豚スペアリブの甘酢煮」という料理に由来するのだとか。

2106284

「スーパイコー」は店によって、「スーパイコ」「スウパイコ」「スウパイコウ」などとも表記されます。ケンミンSHOWでは番組の性質上、「酢豚をスーパイコと呼ぶのは長崎県民だけ」と紹介されていましたが、実際には福岡県・佐賀県・熊本県などにも見られます。(何故か佐賀県は少ない)

2106285

ただ残念なことに、そのように呼ぶ店は減少傾向にあるんですね。コチラのお店も外の看板は「スーパイコー」でしたが、店内のメニューは現在「酢豚」となっています。2年ほど前までは、「スーパイコ」と書かれていたんですけどね。もちろん今でも、注文は「スーパイコー」で問題なく通じます。

2106286

まずは瓶ビール(中瓶 600円)で、お疲れさまでした……と。キリンかアサヒか聞かれたので、アサヒをチョイスしました。中華料理や脂っこいものをいただく場合は、スーパードライを合わせるようにしているんです。まぁ、そんなに拘りはないんですけどね。

2106287

「一口餃子」(10個 450円)は直径2〜3cmほどの大きさ。皮は薄めで柔らかく、焼き目はややサクッとしています。挽肉と野菜がバランス良く入っていて、意外にコッテリ感は弱めなんですね。玉ネギが使われているためか、独特なイイ味わいがあります。餃子にしては塩味が利いているので前半はそのままで、後半はタレに浸けて美味しくいただきました。

2106288

「スーパイコー」(800円)の具は、豚肉・玉ネギ・ピーマン・ニンジン。シャキシャキの玉ネギが主体となっております。サクッとした豚肉の衣もイイ食感ですね。酸味と甘味がビシッと効いた醤油ベースの餡は、どこか懐かしさを感じる味わいがあって、おじさんにはたまらないものがありました。

2106289

ちなみコチラは、13年ほど前にいただいた長崎市の「雲龍亭」の「一口餃子」です。本家とは少し形が違うんですね。まぁ、どうでもイイ話だと思いますけど。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(4)

2021年06月09日

長崎市「細麺皿うどん」その3(とり皿うどん)

2106091

長崎市の中心部まで戻ってきました。画像は安政2年(1855年)にオランダから贈呈された、スンビン号(観光丸)という日本初の蒸気船を復元したもので、新・観光丸という遊覧船です。こんな風に書くと、何だかヤヤコシくなりますね。

2106092

長崎市での最後の食事を摂るため、「翠雲閣」という中華料理店に行きました。創業から少なくとも半世紀は経つお店だそうです。

2106093

マンションの敷地内にあり、しかも「関係者以外は通り抜け禁止」みたいなことが書かれていたので、入るのにちょっと躊躇してしまいました。注文の電話が何度も掛かってきていたので、出前をメインとしたお店なのかもしれません。

2106094

今回のお目当ては、「とり皿うどん」なるものです。「取り皿うどん」ではなく「鶏皿うどん」です。「皿うどん」に使われる肉といえばフツーは豚肉ですが、それを鶏肉に代えたものなんですね。主に老舗中華料理店に見られるものなので、(後継者問題などで)絶滅危惧種になりつつありますが、ネチネチ探してみるとそれなりの数の店が見つかります。

2106095

太麺(柔らかいちゃんぽん麺)と細麺(パリパリの揚げ麺)が選べるので、今回は細麺にしてみました。塩ベースの餡の具は、鶏肉・キャベツ・ピーマン・玉ネギ・キクラゲで、「皿うどん」にしては比較的シンプルな内容です。

2106096

とても柔らかいモチッとした鶏肉と、シャキシャキの野菜と、パリッパリの平たい細麺が食感の良いコントラストとなっていますね。なんだか楽しくて、思わず笑顔になってしまいます。

2106097

半分くらい食べ進んだところで、お約束のウスターソースを掛けました。適度に酸味が加わって、サッパリと美味しくいただけます。最後はグチャグチャにかき混ぜて、ドロッドロの「皿うどん」を楽しみました。

[参考]金蝶ウスターソース 320g

2106098

ちなみにですが、「とり皿うどん」があるのなら、「とりちゃんぽん」があってもよさそうなもんですよね。ところが、何故か「とりちゃんぽん」をメニューに載せる店はほとんど見られません。(あるにはある)「皿うどん」と「ちゃんぽん」って、基本的に同じ具材を使っていると思うのですが……。ナゾです。

2106099

このあと天和元年(1681年)創業の「松翁軒」の本店に寄り、「五三焼」(半棹/1,458円)という、ちょっとお高めのカステラをお土産として購入しました。もちろん、GoToトラベルの地域共通クーポンを使って。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年05月21日

長崎市「パンメン&ハトシ(その2)」

2105211

新地中華街電停から5分ほど歩いたところにある、唐人屋敷跡を見学してきました。1689年(元禄2年)に造られた2,000人規模の唐人(中国人)居留地で、当時一帯は塀と堀で囲まれ監視されていたそうです。画像は大門を潜ってすぐの場所にある土神堂です。

2105212

コチラは南京の人たちによって1736年に建てられた天后堂で、航海安全の神である媽祖などが祀られています。

2105213

他に観音堂や、福建会館(旧八門会所)の正門・天后堂などを観て廻りました。いずれも修復改装されたものですが、無料で見学することができます。

2105214

長崎新地中華街にやってきました。日本三大中華街の中では最も規模の小さいところですが、歴史は最も古く、他とは違った食文化が見られます。というのも、横浜中華街や神戸の南京町は広東省の出身者が多かったのに対し、長崎新地中華街は福建省の出身者が多かったんですね。全国的に知られる「長崎ちゃんぽん」は、福建料理の「湯肉絲麺」をアレンジして考案されたものといわれております。

2105215

……といっても、今回紹介するのは「ちゃんぽん」ではなく「バンメン」です。供する店は少数ながらも全国的に見られる中華料理で、主に「拌麺」「坢麺」「拌面」などと表記されます。簡単にいうと汁なしの混ぜそば(和えそば)なのですが、長崎のものはビミョーな違いがあるんですね。……というワケで、長崎新地中華街の北門(玄武門)を潜ってすぐのところにある、昭和19年創業の「京華園」に入りました。

2105216

全国的には「バンメン」なのですが、長崎では「パンメン」と呼ぶんですね。福建省では「拌=混ぜる・和える」を「パン(プァン)」と発音するため、この表記になるそうです。GoToトラベルの地域共通クーポンが使えるお店なので、「ニラパンメン」(900円)の他に「ハトシ」(4個680円)と「青島ビール」(550円)も頼みました。

※地域共通クーポンを2,000円分使ったので、130円の支払いとなりました。

2105217

「青島ビール」を飲むのは、20年振りくらいではないでしょうか。昔は何か物足りないなと思っていたのですが、今は不思議と昔よりも美味しく感じられます。歳のせいなんですかね。

2105218

長崎ではお馴染みの「ハトシ」は、卓袱料理のひとつでもあります。このお店では蝦吐司や蝦多士ではなく、炸多絲(ツァトースー)という珍しい表記でした。13年ほど前にいただいたものは冷めていたので、1度は揚げたてのものが食べてみたいと思っていたんですね。サックサクに揚がった食パンに、ふんわりとしたエビのすり身がたっぷりと挟んであります。やはり揚げたてならではの旨さがありますね。ただ……おじさんには、結構油が気になる仕上がりとなっていました。ライトな「青島ビール」に合う……ともいえますけど。

[参考]長崎中華街 蘇州林 中華ハトシ

2105219

「ニラパンメン」の具はチャーシューとモヤシのみで、花ニラ(花茎)がトッピングされています。一般的な葉ニラではないんですね。中国野菜ですが、国産のものを使っているとのこと。葉ニラのような主張はないので、個人的にはもっと載っていても全然OK。本場感の強い香辛料の利いた甘めのチャーシューが、味の良いアクセントになっていてとてもイケるんですね。シャキシャキとしたモヤシもイイ食感です。

2105210

フツーの中華麺ではなく、ちゃんぽん麺を使うのも長崎の「パンメン」ならではです。ツルツルとした舌触りと、イイ意味でモソッとした柔らかめの麺に、中華スープを凝縮したような旨味が絡み付いています。イイ具合にオイスターソースも利いていて、ちょっとクセになりそうな旨さがありますね。ボリュームもあって、満足度の高いものでした。横浜にも「バンメン/辨麺」と呼ばれるものがありますが、「五目うま煮そば」のようなもので、全国的に見られる「バンメン/拌麺」とは全くの別物。長崎の「パンメン/拌麺」は別物とまではいえませんが、このようにビミョーな違い(呼称と麺)があるのでした。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年05月14日

長崎市「細麺皿うどん」その2(カレー皿うどん)

2105141

稲佐山展望台に着きました。ここから眺める夜景は、日本三大夜景のひとつでもあり、世界新三大夜景のひとつでもあります。コロナ禍にも拘わらず、多くの修学旅行生(?)で賑わっていました。まぁ、この時(昨年11月)の長崎県の新型コロナ感染者数は、1日あたり0〜3人でしたからね。

2105142

平地が少ないため、山の斜面にまで建物が広がる独特な景観となっております。このあと食事を摂ってから宿に向かうだけだったので、しばらくここで景色を楽しみながらのんびりと過ごしました。ところで、長崎市中心部は坂道が多いので自転車に乗れる人が少ない……というのは本当でしょうか。

2105143

長崎を代表する夜の歓楽街、思案橋横町にやってきました。といっても、クルマで来ているのでお酒はナシですけどね。

2105144

「満福」という中華料理店に入りました。お目当ては25年ほど前に考案されたという、「カレー皿うどん」「カレーちゃんぽん」です。元祖の文字がありますが、供する店はあまり多くはありません。

2105145

「カレー皿うどん」(900円)がイチオシメニューになっているので、こっちにしてみましょう。細麺(揚げ麺)か太麺(ちゃんぽん麺)かを選べるはずなのですが、何も聞かれませんでした。ここ長崎市は細麺の方が主流なので、多分細麺で出てくるでしょう。

2105146

カレー餡の具は、豚肉・赤はんぺん・チクワ・キャベツ・モヤシ・玉ネギ・キクラゲ。カレー餡は程良くスパイシーで程良い甘味があります。中華系カレーのようでもあり、昭和の黄色いカレーのようでもあり、おじさんにはたまらない旨さがあるんですね。コレ、一発でハマりました。

2105147

パリパリの極細麺もスバラシイです。太さは0.5mmくらいしかないんですよ。ここまで細い麺は、もしかしたら初めてかもしれません。

2105148

麺の量に対し餡の量が多かったので、お約束のウスターソースは掛けなくてもイイかな……とも思ったのですが、やはり掛けずにはいられませんね。B級感全開の旨さを楽しみました。コレ、酒のアテにも良さそうですね。場所柄というのもありますが、周りは呑んでいるお客さんばかりです。食事だけなんてのは私だけ。ちょっとした拷問でした。w

[参考]金蝶ウスターソース 320g

2105149

この日の宿はコチラ、「ホテル長崎」です。3泊分の宿泊費は旅行パック(GoToトラベルを利用したANA楽パック)に含まれているので、支払いは3泊分の駐車場代1,500円のみ。旅行パックで予約したホテルはここだけ(他の10泊は個別に予約)なので、地域共通クーポンがまとめて14,000円分貰えました。ただ……このクーポンの有効期限はチェックアウト日までなので、残り3日間で使い切らなければならないんですよね。

2105140

下層階にある和室8畳の安い部屋を選んだのですが、高台に建つホテルなのでナカナカの眺めです。こんな夜景を観ながら、焼酎をチビチビとやりました。ついでにいうと、眼下に墓地も見えるんですけどね。

↓コチラから予約できます。
ホテル長崎




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)