中華

2021年05月03日

佐世保「太麺皿うどん」その2

2105031

展海峰で沈む夕陽を拝むつもりだったのですが、日没時刻をうっかり間違えてしまい、車内で過ごしてしまいました。……何やってんだか。とはいえ、九十九島の眺めは素晴らしかったですけどね。これまでに弓張岳展望台・石岳展望台園地・船越展望所・展海峰に行きましたが、九十九島の眺めはここが1番だと思います。(個人的な感想です)

2105032

遠くには佐世保市中心部の夜景も望むことができました。直線距離で4kmほど離れているので、実際はかなり小さく見えるんですけどね。

2105033

佐世保市中心部まで戻ってきました。この日は何かのイベントがあったようで、露店が並び多くの人で賑わっていました。この頃(昨年11月)の長崎県の新型コロナ感染者数は1日あたり0〜3人でしたが、飲食されている方以外は皆さんちゃんとマスクを着用しておりました。

2105034

さて……前々回にも書きましたが、佐世保(主に長崎県北部)で「皿うどん」といえば油で揚げた細麺ではなく、揚げていない柔らかい太麺(チャンポン麺)を使った「太麺皿うどん」が主流です。……が、揚げた太麺(チャンポン麺)を使う店があるという情報を発見。どうにも気になって仕方がないので、行ってみることにしました。「お栄さん」という、昭和30年創業の老舗中華料理店です。

2105035

メニューに揚げ麺とは書かれていませんでしたが、予定通り「太麺皿うどん」(720円)を頼みました。佐世保ではお馴染みのおでんダネ、「げんこつ」はコチラのお店でもいただくことができます。

2105036

醤油ベースの餡の具は、豚肉・イカ・赤はんぺん・揚げカマボコ・チクワ・キャベツ・モヤシ・玉ネギ・青ネギ・キクラゲ。太麺の上にタップリと載っております。

[参考]ちゃんぽん・皿うどん用の蒲鉾

2105037

焼き目の付いた太麺(チャンポン麺)は、揚げ麺を少し柔らかくしたような、ちょっと表現しづらい独特なイイ食感。見た目はパリッとしてそうなのですが、イイ意味でしんなりとしていて、湿気ったせんべい的な歯応えでクセになりそうです。店のお母さんに訊いてみたところ、「多めの油で揚げるように焼いている」とのこと。単なる揚げ麺ではなかったんですね。

2105038

例によって、後半は卓上のウスターソースを掛けました。長崎では定番の金蝶ソース(製造元:チョーコー醤油)ではなく、ニビシソース(製造元:ニビシ醤油)という福岡県の地ソースです。

[参考]金蝶ウスターソース 320g

2105039

少し多めに掛けて、B級感ムキダシの旨さを楽しみました。結構濃いめの味になっちゃいましたけどね。

2105030

店を出たあと、佐世保駅に隣接したスーパーで買物をしてからホテルに帰りました。画像は駅の近くにあるカトリック三浦町教会です。

e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)

2021年01月27日

横浜市中区「中華粥」

2101271

今回の旅、2日目。横浜中華街に宿泊したので、朝食はこの界隈で摂ろうと思います。横浜中華街でいただくことのできる朝食といえば、やっぱり「中華粥」ですかね。

2101272

有名なのは、昭和7年創業の「安記」と昭和26年創業の「謝甜記」。入ったことはありませんが、「馬さんの店 龍仙 本館」というお店も人気のようです。

2101273

ただ「安記」も「謝甜記 本店」も、平日は10時からなんですよね。なので今回は、8時30分に開店する「謝甜記 貮号店」へ行ってみることにしました。本店のご主人の奥様が営むお店だそうです。コロナ禍で、且つ平日の8時45分だというのに、約50ある客席の7割方は埋まっています。さ……さすが人気店。

2101274

お粥は国産の生米・乾燥カキ・乾燥貝柱・鶏一羽丸のまま、4時間じっくりと煮込んでいるそうです。塩は本店とは違い、フランスのものを使っているんですね。

2101275

豚レバー・豚モツ・豚肉の入った「五目肉粥」か、魚介の入った「三鮮粥」かちょっと悩みましたが、「三鮮粥」(普通サイズ 870円)の方を頼むことにしました。

2101276

先にやってきたのは、レンゲの載ったネギ醤油・ザーサイ・ホカホカのシュウマイ・佃煮風のカキ(佃煮ほど濃くはない)。いずれもオマケ的でないレベルのもので、コレだけで充分お酒が呑めてしまいますね。カキは8個もあるので、もしかしたらダシに使われたものでしょうか。それにしては、カキの風味がしっかりと残っているんですよね。メインのお粥がまだ来ていないのに、もうこの時点で満足度はかなりのものです。

2101277

「三鮮粥」の具は白身魚・ツブ貝・イカで、油条(揚げパン)・香菜(シャンツァイ)・ネギがトッピング。お粥は直径20cm強のドンブリにタップリと入っていますが、ほとんどは水分なので意外とペロッといけちゃいます。なので、個人的には中椀(ハーフサイズ)よりも普通サイズの方がオススメです。

[参考]油条 5本入り

2101278

白身魚が柔らかいのはもちろん、イカも驚くほど柔らかいんですね。対してツブ貝はコリコリと、食感のコントラストが楽しめます。ツブ貝にしてはあの独特の風味が弱めなのですが、それが逆に優しい味わいのお粥に合っているような気がします。

2101279

残り半分のところでネギ醤油とカキを入れ、味の変化も楽しみました。これが美味しくないワケがありませんね。お粥の水分をタップリと吸ってフニャフニャになった油条も、たまらない旨さがありました。う〜ん、満足。やっぱり中華街に泊まって良かったなぁ……。まぁ、泊まらなくても食べられますけどね。

e_aji at 08:00|PermalinkComments(4)

2021年01月25日

横浜市中区「焼かない焼焼売」

2101251

この日に泊まるホテルのある、横浜中華街まで戻ってきました。ここで軽く一杯やっていく予定ですが、その前に媽祖廟を参拝してきました。

2101252

海の守り神である媽祖を祀る御廟です。疫病退散にもご利益があるそうなので、お祈りしてきました。「1日も早くコロナが終息しますように」……と。

2101253

建物内での撮影は禁止ですが、外から撮る分には構わないとのこと。礼拝や拝観に関して分からないことは、お姉さんが親切に教えてくれました。

2101254

このあと朝陽門(1番上の画像の門)の近くにある、「崎陽軒」 の中華街シウマイBAR店に行きました。左側が土産店で右側がイートインコーナーとなっております。ここでGoToトラベルの地域共通クーポン1,000円分を使って、シウマイをアテに軽く一杯やっていこう……というワケです。

2101255

ところが、地域共通クーポンはイートインコーナーでは使えないとのこと。何でだろう……。この時(昨年の10月上旬)は今よりもクーポンが使える店が少なかったので、隣りの土産店でシウマイを買っていくことにしました。

2101256

「焼焼売」なるものを2箱(1,240円)購入。常温で5ヶ月保存が可能なので1箱はホテルで、もう1箱は自宅でいただくことにしました。

2101257

ホントはフライパンで焼かなければならないのですが、加圧加熱殺菌された真空パックに入っているので、そのままでも食べられそうです。しかし、ホテルの部屋に電子レンジがあるんですよね。なので、ホカホカをいただくことができます。当然のことながら、焼き目は付きませんけど。

2101258

直径3cm×高さ2cmほどのシウマイが、1箱に15個入っています。粗挽きの豚肉は、挽肉というよりも少しハムを思わせる味わい。ザクザクとしたタケノコが、食感の良いアクセントになってますね。醤油などで味が付けられているので、このままでも充分美味しくいただけます。黒コショウが少し利いていて、ビールのアテにも良さそうだな……と思いました。

2101259

実際はビールではなく、中国の東北地方で好まれる「紅星 二鍋頭」という白酒と一緒にいただいたんですけどね。横浜中華街では、500mlのものが大体どこも1,000円弱くらいで売られていました。結構クセになる味なのですが、アルコール度数は56度なのでストレートだとちょっとキツいです。

[参考]正規品 紅星二鍋頭

2101250

この日の宿はコチラ。「ホテルリブマックス横浜元町駅前」で、コンパクトシングルが1泊1,520円(GoToトラベル+楽天の株主優待特典1,000円クーポン利用)。更に地域共通クーポンが1,000円分付くので、実質520円の支払いとなりました。(昨年10月上旬の話です)横浜はウチからそう遠くはないので、GoToトラベルキャンペーンがなかったら、きっと泊まることはなかったでしょうね。

↓コチラで予約しました。
ホテルリブマックス横浜元町駅前

e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年07月30日

「バーミヤン」

2007301

ローカルフードネタを期待して来られた方には、「興味ない」「つまらん」「金返せ」などと言われそうですが、再び株主優待ネタとなります。前回は贅沢をしてしまったので、今回はウチの近くにある「バーミヤン」へ2人で行ってきました。「バーミヤン」は、東京の武蔵野市に本社を置くすかいらーくレストランツが運営する、昭和61年生まれの中華レストランチェーンです。現在は首都圏を中心に、北海道から福岡県まで341店(令和2年6月30日現在)を展開。ピーク時は700店以上あったそうなので、かなり縮小しているんですね。北海道・東北・九州には、それぞれ1店舗ずつしか残されていません。

2007302

混んでいたら他の店に行くつもりでしたが、土曜日の19時だというのにやはりガラガラ……。土曜日だったら、いつもは待つことの方が多いんですけどね。新型コロナ対策のためか、専用タブレットでのオーダーシステムに変わっていました。テーブルには既存の呼び出しベルもあったので、今まで通り口頭での注文もできるようです。確認はしていませんけど。

2007303

「バーミヤン」でいつも頼むお酒は、この紹興酒です。デキャンタ(400ml)で、たったの389円(税別)というのですから驚きですね。もちろん、氷は無料でお通しも付きません。しかし……いつも思うのですが、一体どんな紹興酒を使っているんでしょうね。一般的な飲食店の原価率を考えると……ちょっと怖いです。(笑)

2007304

249円均一となっている、おつまみメニューの中から「サバ唐揚げ甘酢しょうゆ」をセレクト。これもよく頼むメニューのひとつです。ネギは乾燥気味なので1度甘酢醤油に浸し、上にチョコンと載せてからいただきます。酢がしっかりと効いた濃いめのタレで、紹興酒が進みますね。サクサクとした衣もイイ感じです。

2007305

期間限定メニュー(令和2年7月9日〜9月9日)の中に、「くわいとフクロ茸の海鮮八宝菜」(699円)なんてものがあったので頼んでみました。具はエビ・イカ・豚肉・ウズラ玉子・クワイ・フクロダケ・キクラゲ・ブロッコリー・白菜・ニンジン・小松菜。ほんのりとしたオイスターソースの風味とアッサリとした味わいで、なかなかイケますね。エビは1つだけだったので……相方に譲りました。

2007306

餃子は「焼き餃子」(239円)でも良かったのですが、「水餃子四川胡麻ソース」(249円)を頼みました。チュルンとした舌触りとモッチリ感のある厚めの皮で、餡は少なめです。アッサリ系のゴマダレとピリ辛ラー油と乾燥気味のネギを絡めて、美味しくいただきました。

2007307

コチラは期間限定メニューの「北海道産帆立とエビのチリソース」(799円)です。といっても、グランドメニューの「海老のチリソース」(699円)に、ホタテが2つ加わっただけなんですけどね。これぞ日本の正しいエビチリ(変な言い方だけど)といった感じで、ホッとする旨さがあります。残ったチリソースは、揚げたワンタンの皮を絡めてキレイにいただきました。

2007308

最後に「台湾焼きビーフン」(699円)を頼みました。具はエビ・玉子・挽肉・キャベツ・ニラ・ニンジン・シイタケ。炒め油が少なめのややアッサリ仕上げながらも、酒のアテにもなるイイ味わい。適度にザクザクとした食感のビーフンと、芳ばしく焼き上がったタップリの玉子で美味しくいただくことができました。いや〜しかし、「バーミヤン」ってホントに庶民の味方ですね。これだけ食べて、2人で3,393円なのですから。

[参考]台湾名産 新竹米粉

2007309

3,000円分の株主優待カードを使ったので、393円の支払いとなりました。ごちそうさまです。ちなみに……このヒバリをモチーフとしたキャラクター、昭和な方には懐かしいですよね。平成21年10月29日に「すかいらーく 川口新郷店」が閉店したことによって、レストランとしての「すかいらーく」は幕を閉じることとなりました。


e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年04月13日

伊勢崎「ハッスル餃子」その2

2004131

群馬県前橋市に本社を置くスーパー、「ベイシア」の西部モール店にやってきました。お目当ては、3年ほど前にも紹介した「ハッスル餃子」です。

2004132

今回の旅では見られませんでしたが、スーパーなどではこのように皮と餡が別々になって売られています。昔はスーパーの店頭などで焼かれており、高崎市を中心とした群馬県民のソウルフードともいわれていたそうです。しかし現在、焼き立てアツアツの「ハッスル餃子」がいただけるのは、4店舗のみとなっているんですね。(内1軒は閉店している可能性があります)

2004133

その内のひとつが、フードコートにあるコチラの「フクヤのハッスル餃子」となります。高崎市にある、昭和43年創業の老舗餃子メーカー「フクヤ料食」の直営店です。

2004134

昭和な方々にとっては、「ああおいしい!!」と書かれたこのポスターが馴染み深いのだとか。画像が切れていてすみません。

2004135

「焼ギョーザ」を1人前だけ注文。丁度焼いているところだったので、2分ほどで出来上がりました。通常は5分くらい待つみたいです。

2004136

餃子のタレとラー油は、ここで調合してから席に着きます。

2004137

皮はモッチモチで、とてもイイ食感。焼き目は少しだけサクッとしています。餡はキャベツが主体で、他に玉ネギ・ニラ・長ネギ・ニンニク・ショウガなどが使われています。

2004138

ほとんどが野菜のアッサリ系餃子ではありますが、多めの油で焼かれているためか、あまり物足りなさはありません。ニンニクも適度に利いていて美味しくいただけます。「フクヤ料食」のHPによると、肉と玉子も少し使われているそうなのですが……う〜ん、どこにあるんだろう。

2004139

というワケで、1つ分解してみました。……が、やっぱり見当たりません。まぁ老眼だから、気付かなかっただけかもしれませんけどね。しかし前回もそうでしたが、今回もどの辺が「ハッスル」なのかは全く分かりませんでした。


e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)