その他の麺

2021年07月09日

南島原「島原手延べそうめん(ちゃんぽんそうめん)」

2107091

水無川に架かる橋の上から、雲仙岳(20を超える山々で構成された火山)のシンボルともいえる平成新山を眺めてみました。かつてはその奥にある普賢岳が最高峰だったのですが、平成2年から7年に掛けての火山活動によってこの山が最高峰となったんですね。記憶にある方も多いかと思いますが、その頃に幾度となく発生した火砕流や土石流で甚大な被害をもたらしたところでもあります。

2107092

私はその頃、自転車で日本一周をしていた際にこの地を訪れたのですが、土石流に飲み込まれた家屋は手付かずのままになっていました。当時は島原半島広域に、火山灰が積もっていたのを覚えています。画像はその時に撮ったものです。

2107093

現在は道の駅 みずなし本陣ふかえの敷地内に、後世に伝えるため土石流被災家屋保存公園としてその一部が保存展示されています。

2107094

当時テレビのニュースで目にしたショッキングな映像を思い出すと、なんだか胸がぎゅっと締め付けられるようです。

2107095

偶然にも先日、熱海で起こった土石流のニュースが流れていましたが、改めてその恐ろしさを痛感しました。(ここを訪れたのは昨年の11月です)

2107096

大火砕流体験館を見学したあと、道の駅内にある食事処「万福亭」に入りました。

2107097

「南島原はそうめんのまち」ということなので、今回は素麺にしてみようと思います。フツーの素麺は自宅でも食べられるので、「ちゃんぽんそうめん」(770円)という変わりダネを頼んでみました。「島原手延そうめん」の歴史は古く、寛永14年(1637年)の島原の乱(島原・天草一揆)のあとに小豆島の移民から伝わったという説と、それよりも前に福建省出身の僧侶から伝わったという説があるそうです。現在、全国の手延そうめんの約3割は、ここ南島原市で製造されているとのこと。

2107098

豚肉・エビ・イカ・揚げカマボコ・赤はんぺん(ちゃんぽんに使われるピンクの練りもの)・カニカマ・錦糸玉子・キャベツ・モヤシ・ニンジン・玉ネギ・コーン・グリンピースと、具沢山なのが嬉しいですね。メニューには「こってりちゃんぽんスープ」と書かれていましたが、意外とアッサリ目の仕上がり。白濁したトンコツ系スープは、何ともいえないイイ甘味があってゴクゴクゴクゴクいけちゃいます。

[参考]ちゃんぽん・皿うどん用の蒲鉾

2107099

麺は温かいこともあって、かなり柔らかめなんですね。その分、小麦の風味が良く感じられます。ホントは冷たい素麺の方が好きなのですが、これはこれで美味しくいただくことができました。スープの絡みもとてもイイですね。

2107090

南島原市には「島原そうめん鉢」という地域おこし系開発料理もあるので、夕食はコレにしてみようと思います。

[参考]島原手延べ麺 川上製麺

e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)

2021年06月25日

島原「六兵衛」

2106251

島原城から600mほどのところにある、昭和47年創業の「六兵衛」というお店にやってきました。お目当ては、「ろくべえ」という名の郷土料理です。なんだかヤヤコシイですね。

2106252

寛政4年(1792年)に起こった島原大変(大地震による眉山の崩壊)で、大量の土砂が島原の城下町を埋め尽くしました。のちに食糧危機に見舞われた島原半島では、サツマイモが主食となったんですね。そんな中、深江村(現・南島原市深江町)にある農家の六兵衛という人が、保存食のサツマイモ粉を美味しく食べられるようにと、うどんのような麺料理を考案したのが始まりといわれているそうです。

2106253

麺に熱を加えると、サツマイモに含まれる色素で黒っぽくなるのが特徴のひとつなんですね。騙されたと思っていただくことにします。

2106254

玉子や山芋や丸天(揚げカマボコ)を載せても100円しか違いませんが、ベーシックな「ろくべぇ」(600円)を頼むことにしました。店によっては、「六兵衛」「ろくべえ」「ろくべ」などとも表記されます。

2106255

注文してから5分も掛からずに配膳されました。具はカマボコ・チクワ・ネギのみ。麺の太さは4mmほど。結構短いのですが、「ろくべぇ」にしてはこれでも長めな方なのだそうです。つなぎに山芋を使っているという麺はかなり柔らかめで、コシや弾力といったものはほとんどありません。口の中に入れてしばらくすると、サツマイモの風味がジワジワとやってくるのが面白いですね。ほんのりとした甘味も感じられ、ちょっとスイーツを思わせるものもあります。……って、これは言い過ぎかもしれませんけどね。

2106256

程良い塩味と甘味のある透き通ったツユは、昆布とカツオのダシがしっかりと効いていて美味しくいただくことができました。多分、好き嫌いが分かれると思いますが、個人的にはコレ……全然アリです。このような麺料理は初めてだったので、いつかまた機会があったら食べてみたいなと思いました。

2106257

ちなみにですが、対馬にも「ろくべえ」というものが存在します。同じくサツマイモを使った麺料理なのですが、レシピが少し違ったりするんですね。しかし島原から遠く離れた対馬に何故……。詳しいことは現在も分かっていないそうです。

[参考]対馬六兵衛 ×5袋

2106258

このあと、「鯉の泳ぐまち」と呼ばれるエリアを散策してきました。湧水が流れる水路や池などがあり、錦鯉が放流されています。

2106259

折角なので、湧水庭園 四明荘(旧伊東家住宅)にも入ってみました。明治後期に医師の別邸として建てられたものだそうです。まるで湧水池に浮かぶような造りになっているのがステキですね。

2106250

敷地内には大小3つの池があり、1日に3,000tもの水が湧き出ているそうです。その水で淹れたお茶をいただきながら、話し好きのお母さんと一緒にのんびりと過ごしました。

e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2016年09月27日

沼津「珈琲屋ぼあの焼そば風スパゲッティ」

1609271

山梨県の南部町を出発し、静岡県に入りました。富士市にある道の駅 富士川楽座で、時間調整を兼ねながらしばらくのんびりとしていきます。東名高速道路上り線の富士川SA(EXPASA富士川)に併設した道の駅で、かつては全国でもトップクラスの利用者数を誇っていたそうです。

1609272

そういうところなので、いくらでも時間が潰せるんですね。土産店やレストランはもちろん、天気が良ければ富士山が眺められる展望ラウンジや、産直品売場・体験館・ギャラリー・プラネタリウムなどもございます。

1609273

さて、静岡県の沼津市と三島市には「珈琲屋ぼあ」という老舗喫茶店があります。昭和50年代頃までは数多くチェーン展開していたそうですが、残念ながら現在は沼津大岡店・沼津東名店・三島松本店のみ。系列店を含めても6軒のみとなっております。

1609274

というワケで、「珈琲屋ぼあ 沼津東名店」に行ってみました。平屋建てのように見えますが、2階もあって店内は意外に広く感じられます。平日の夕方にも拘わらず多くの席が埋まっていたので、結構人気があるようです。

1609275

メニューに「オススメ」「人気No.1」と書かれた、「焼そば風スパゲッティ」(¥800)を頼んでみました。これが今回の旅、最後の食事となります。いくらなんでも3食続けて焼きそばっていうのは……とも思いましたが、「これはスパゲティだから……」と自分に言い聞かせました。

1609276

見た目も味も、ほぼ「ソース焼きそば」なんですけどね。具は豚肉・キャベツ・玉ネギ。上には目玉焼き・カツオ節・刻み海苔が載り、紅ショウガが添えられております。箸・フォーク・スプーンが付いてきましたが、サラッとしたタイプなので個人的には箸の方が食べやすいなと思いました。スルスルとすすることができます。

1609277

味は濃すぎず薄すぎずで丁度イイ具合。炒め油がそれなりに使われているのですが、コッテリ感はそれほど感じません。結構イケます。

1609278

やや細めのパスタが使われており、ちゃんとアルデンテというのは意外ですね。もっと「昭和の喫茶店」風なスパゲティを想像していたのですが、今風の上質な旨さも楽しむことができました。それなりにボリュームもあり、とても満足です。ただ、テーブルに置いてあったタバスコは……掛けない方が良かった……かもしれません。


人気ブログランキング


e_aji at 08:30|PermalinkComments(2)

2016年07月19日

桜井市三輪「釜あげ太そうめん(三輪そうめん)」

1607191

明日香村から桜井市の三輪に移動しました。まずは日本最古の神社(諸説有り)とされる、大神神社を参拝してきました。大鳥居の向こうに見える三輪山を御神体としており、本殿というものはありません。

1607192

画像上が拝殿で、左下が夫婦岩、右下がなでウサギちゃんとなっております。もちろん、なでなでしてきました。

1607193

さらに奥に進み狭井神社へ。ここで許可を得て登拝料を納めると、三輪山に入山することができます。……と書いておきながら、登らなかったんですけどね。

1607194

さて、三輪といえばやはり「三輪そうめん」ですね。大神神社二の鳥居の近くにある、「そうめん処 森正」という有名店に入ってみました。奈良県だけというワケではありませんが、この辺りには「釜揚げそうめん」というものをメニューに載せる店が何軒かあります。

1607195

コチラのお店では、「釜あげ太そうめん」となっております。10月から5月までの期間限定ですが、「にうめん(温かい素麺)」の方は1年中頂けるそうです。(4月中旬の話です)

1607196

まずは薬味のゴマが登場。これをゴリゴリ擦りながら待つんですね。

1607197

「釜あげ太そうめん」は本当に釜に入ってやってきました。こういう釜揚げは初めてですね。ツユは濃いめの温かいもの。薬味はネギとおろしショウガ。竹製のヒシャクのようなものが付いていますが、最後にコレを使って蕎麦湯のようにして茹で汁を飲むのだそうです。

1607198

麺の上には三つ葉が載っております。素麺というよりも細うどんといった感じの麺で、ツルツルとした喉越しとややモチッとしたコシがあります。もっとフニャフニャな麺を想像していたのですが、結構イケるものなんですね。素麺を食べてる感は弱めですが、なかなか満足度の高いものでした。茹で汁も美味しく頂けます。

[参考]三輪そうめん山本 本店


人気ブログランキング


e_aji at 08:30|PermalinkComments(0)

2015年12月12日

阿賀野「白鳥美人(四季美人)」

1512121

「リズムハウス瓢湖」という、宿泊や日帰り入浴もできる施設にやってきました。お目当ては、まちおこし系の「白鳥美人」です。阿賀野市産の米(米粉麺)と大豆(豆乳)を使った料理で、麺はうどんタイプと中華麺タイプの2種類があります。

1512122

コチラのお店ではうどんタイプが使われています。メニューには温かい「四季美人」(¥750)と冷たい「夏美人」があるのですが、後者は夏期限定のようで売り切れとなっていました。

1512123

とても大きな有頭エビの天ぷらと、大葉の天ぷらが2枚。見かけ倒しのエビ天とは違い、身が太くて食べ応えがあります。お味の方も申し分なく、ホントにこのお値段で大丈夫なのだろうか……と、心配になってしまうくらいです。ちなみに、エビと大葉で翼を広げた白鳥を表現しているそうですが、これは言われないと気付かないかもしれませんね。(笑)

1512124

白鳥型の白はんぺんも載っていました。……泣かせます。

1512125

真っ白な平打ち麺は、ちょっと団子を思わせるような味わいとモチモチ感があります。和風ダシのツユは、豆乳が前面に出ていながらも嫌味はなく、イイ具合の塩加減で美味しく頂けますね。具も麺もツユも文句無しです。

1512126

梅ザーサイ・ゴマ・ネギ・甘辛いネギ味噌といった薬味も付いているので、味の変化も楽しめました。

1512127

折角なので、白鳥の飛来地として知られる瓢湖の湖岸を歩いてきました。……が、鴨ばっかり……。しかも、物凄い数なんですけど……。

1512128

毎年10月頃から3月頃にかけて6000羽ほどの白鳥がやってくるそうですが、この時は10数羽しか見られませんでした。10月下旬ではまだ早かったようですね。


人気ブログランキング


e_aji at 08:30|PermalinkComments(2)