甘いもの

2021年07月23日

雲仙温泉「湯せんぺい」

2107231

雲仙を代表する銘菓のひとつに、「湯せんぺい」というものがあります。「べい」ではなく「ぺい」と表記するのですが、「煎餅のことを九州地方の方言で“せんぺい”ということがあるから(※1)」「米粉ではなく小麦粉で作られているから」「長崎中華街で月餅の餅を“ぺい”と読んだから」「食感が軽いから」などといった説があるそうです。歴史は古く、最後の島原藩主・松平忠和公に献上するために作られた菓子が始まりなのだとか。今も製造販売している業者は雲仙温泉に3軒(※2)、小浜温泉に3軒確認できました。

※1:佐世保には「九十九島せんぺい」、博多には「にわかせんぺい」がある。
※2:内1軒は「湯せんべい」と表記。

2107232

発祥地は小浜温泉となるのですが、雲仙温泉にある昭和39年創業の「松坂屋湯せんぺい本舗(松坂商店)」に行ってみました。店内には「湯せんぺい」の甘いイイ香りが漂っております。

2107233

15枚入りのもの(540円)でも良かったのですが、普段甘いものをほとんど口にしない私には、ちょっと量が多いんですよね。かといって、1枚(50円)では少なすぎるし……。

2107234

というワケで、5枚入りのもの(250円)を購入しました。これはハネ付きというレアな商品でもあります。

2107235

クルマを停めていた近くの駐車場で、早速いただいてみました。プリントされていないビニール袋に入れただけのものなのでお土産向きではありませんが、自分で食べるだけならこれで充分ですね。

2107236

原材料は小麦粉・玉子・砂糖。「湯せんぺい」というだけあって、水の代わりに温泉水を加えて生地を作るそうです。「松坂屋湯せんぺい本舗」では、それを5枚1組の金型に流し込んで焼き上げます。そのときにはみ出たハネを切り落としたものが、ちゃんとした商品となるのですが、ハネの方が好きという方も少なくないのだとか。解ります、解ります。

2107237

ヒマだったので1枚だけハネを取ってみました。この状態で直径105mmほどです。しかし……思ったよりもキレイに割れないもんですね。

2107238

雲仙温泉はかつて外国人の避暑地・保養地として栄えていたため……かどうかは知りませんが、裏には「YUSENPEI」の文字があります。パリパリサクサクとした軽い歯応えがイイ感じ。甘いものが好まれる長崎ですが、意外にも甘さは控えめなんですね。少し芳ばしさもあって美味しくいただくことができました。店内に漂っていたのと同じ甘いイイ香りが手に移るので、それをクンクン嗅ぎながらしばらく余韻を楽しむこともできます。

2107239

軽くて値段も手頃で3ヶ月くらい日持ちするので、お土産にも宜しいかと思います。長崎空港には、小浜食糧と三宅商店の「湯せんぺい」が並んでいました。ちなみにですが、長崎銘菓の「クルス」は「湯せんぺい」がルーツとなるそうです。

[参考1]小浜食糧 湯せんぺい
[参考2]小浜食糧 クルス

2107230

このあと、雲仙温泉の近くにある白雲の池に寄ってから小浜温泉に向かいました。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年07月07日

島原「チェリー豆」その2

2107071

浜の川湧水から3kmほどクルマを走らせたところにある、「藤田チェリー豆総本店(元祖 豆貞)」にやってきました。

2107072

前々回に紹介したのは「藤田屋本家」の「チェリー豆」(上の画像)でしたが、今回は「藤田チェリー豆総本店」の「ラッキーチェリー豆」です。ヤヤコシイですね。島原市ではこの2社が製造販売していますが、大村市にある浦川豆店というお店でもオリジナルの「チェリー豆」を見掛けた(←買っておけば良かった)ので、ちゃんと探せば他にもメーカーが見つかるかもしれません。

2107073

店内には1袋108円の小さなものや、2,160円の詰め合わせなど様々な商品が並んでいます。今回は売れ筋の「ラッキーチェリー豆」と「うに豆」以外に、「カレー豆」と「のり豆」も購入しました。それぞれ定価は378円なのですが、コチラは工場直売所ということで1割引となっております。

2107074

前々回にも書きましたが、「ラッキーチェリー豆」は空豆を油で揚げたものに砂糖・水飴・ショウガなどを絡めたもので、チェリーは一切使われていません。大正3年に創業した場所が、桜の名所のある佐賀県鹿島市だったんですね。

2107075

大正10年に地元の英語教師の助言によって、このような商品名になったのだそうです。大正14年にここ長崎県の島原へ移転し、現在は島原銘菓としてその名を馳せております。パッケージには九州銘菓と書かれていますけど。

※大正3年に愛媛県伊予市で誕生→佐賀県鹿島市に移転しラッキーチェリー豆と命名→長崎県島原市に移転……とするサイトもあります。

2107076

「藤田屋本家」の「チェリー豆」よりも少し黄みがかっていますが、控えめな甘さといい、ほんのりとしたショウガの風味といい、それほど違いはないように思います。ただ空豆自体の香ばしさは、コチラの方が少し強めに感じられます。あと若干ではありますが、柔らかめでポリポリ感が弱めに思えました。「藤田屋本家」のものと同様、お茶請けなどに良いのではないでしょうか。

2107077

折角なので、「うに豆」も食べ比べてみました。

2107078

やはり「藤田屋本家」のものより少し色が濃いめなんですね。コチラの方が少しウニの風味(ウニせんべいのあの独特な風味)が弱めのような気がしますが、空豆自体の香ばしさと味付けはやや濃いめで、酒のアテに向いてるように思えました。やめられないとまらない旨さがあります。

2107079

しかし何故「カレー豆」だけが九州銘菓ではなく、島原銘菓と書かれているんでしょうね。……ナゾです。

2107070

ちなみに「藤田チェリー豆総本店」の豆菓子は、長崎空港など県内のアチコチで購入することができます。店によっては、「ラッキーチェリー豆」と「うに豆」しか売っていないこともありますけどね。

[参考]藤田チェリー豆総本店 ラッキーチェリー豆 他




e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)

2021年07月05日

島原「かんざらし」

2107051

古くから「水の都」と呼ばれる島原には湧水地が60ヶ所以上もあり、島原湧水群として名水百選にも選定されています。

2107052

その湧水を使って作られる昔からのスイーツに、「かんざらし」というものがあります。ハチミツや砂糖が貴重だった時代では、大切なお客さんをもてなすものでもあったそうですが、現在は島原市内の10数店舗で気軽にいただくことができます。

2107053

元祖といわれる「銀水」というお店に行ってみました。第一駐車場から狭い路地を80mほど入ったところにあります。なんでここに店を構えたんだろう……と思えるような場所なんですね。駐車場が無ければ通り過ぎてしまうかもしれません。お店は大正期に建てられたものだそうで、国の有形文化財となっております。

2107054

前回紹介したチェリー豆やお菓子などが付いたセットなどもありましたが、「かんざらし」の単品(400円)を頼みました。

2107055

湧水に浮かんだ白玉をお玉ですくい、ハチミツや砂糖などで作られた蜜を掛ければ出来上がりです。なるほど、こうやって冷たい湧水に晒すから「かんざらし(寒晒し)」と呼ぶんですね。

※あとで調べてみたところ、「原料の餅米を大寒の日に水に晒していたから」という説があるそうです。

2107056

白玉は直径12〜13mmほどの大きさ。柔らかいながらも、中心部には少しコシのようなものもあってイイ食感です。

2107057

たっぷりと注がれた蜜は、まるでべっこう飴を思わせるような、とても懐かしい素朴な味わいがあるんですね。私にはフツーに甘いのですが、美味しくいただくことができました。店内のノスタルジックな佇まいもステキです。

2107058

お店のすぐ横には、島原​湧水群の中でも代表的な浜の川湧水があります。この時は近所の方と思われるお父さんが、捌いた魚や貝を洗っていました。今も生活用水として使われているんですね。

2107059

今回訪れた「銀水」は、ギンさんという方が大正4年に開いたお店で、昭和30年に2代目へと引き継がれました。……が、その名物おばあちゃんとして慕われた方が逝去され、平成10年に惜しまれながらも閉店。その後、店はずっと空き家のままだったんですね。それを島原市が買い取って改修し、平成28年に復活を遂げることとなりました。現在の「銀水」でいただける「かんざらし」は、地元の方の証言や店に残されていたものなどを参考に、できる限り忠実に再現されたものなのだそうです。

[参考]玉乃舎 島原かんざらし




e_aji at 08:00|PermalinkComments(4)

2021年07月02日

島原「チェリー豆」その1

2107021

武家屋敷街を散策したあと、島原城の近くにある「藤田屋本家」という老舗菓子店に行きました。お目当ては島原銘菓の「チェリー豆」です。

2107022

……が、開店時刻を過ぎているのにまだ開いてませんね。しばらく待ってみたのですが、開く気配すらありません。ホテルから1kmくらいのところなので、改めて出直すとしますか。

2107023

念のため、向かいにある「ファミリーマート 島原城下町店」を覗いてみました。多分、置いてないでしょうけどね。

2107024

と思っていたら、あ……ありました。お目当ての「チェリー豆」以外にも、青のり豆・うに豆・しょうゆ豆・うめ豆・五色豆・詰め合わせなどが並んでいます。

2107025

というワケで、売れ筋の「チェリー豆」と「うに豆」(各80g 260円)を購入しました。実は島原には、「チェリー豆」を製造販売している会社が2つあります。今回入手した「藤田屋(藤田屋本家)」の他に、「藤田チェリー豆総本店」という会社があるんですね。ただ……総本店のものが県内のアチコチで売られているのに対し、本家のものはチラホラといった感じ。今回の旅では、島原市以外で見掛けることは1度もありませんでした。つまりコチラは、レアな商品ともいえるわけです。

2107026

ちなみにですが、両社の関係は調べてもよく分かりませんでした。どちらも社名に「藤田」の文字があり、どちらも大正3年創業らしいので多分ルーツは同じなんでしょうけどね。もしかしたら、名古屋の山本屋総本家と山本屋本店のような関係なのかもしれません。詳しくは書きませんけど。

2107027

「チェリー豆」は空豆を菜種油で揚げたもの……つまりフライビーンズに、砂糖・水飴・ショウガなどを絡めたもので、チェリーは一切使われていません。発祥地となる佐賀県鹿島市に桜の名所があったので、それに因んで名付けられたのだそうです。パリパリポリポリとイイ食感。甘さは控えめで、ほんのりとしたショウガの風味があります。口に入れてしばらくしてから、空豆の旨味がジワジワとやってくるんですね。これはお茶請けなどに良いのではないでしょうか。

※実際はホテルの部屋でいただきました。

2107028

「うに豆」には香料が使われているのだろうと思っていたら、ちゃんと対馬産のウニが使われているんですね。

2107029

それほどウニの風味は主張していませんが、ウニ好き空豆好きの私にはとっては、やめられないとまらない的な旨さがあります。気付いたら、数分の間に半分以上なくなっていました。少しトウガラシの辛味もあり、お茶請けとしてはもちろん、酒のアテにも良さそうだなと思いました。

[参考]藤田チェリー豆総本店 ラッキーチェリー豆 他




e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)

2021年05月26日

長崎市「シースクリーム」

2105261

今回の旅、8日目。昨日に引き続き、この日も長崎市中心部を歩き廻るだけだったので、レンタカーは使いませんでした。ホントに勿体ないですね。まずはホテルの近くにある、聖フィリッポ教会・日本二十六人殉教記念碑・日本二十六聖人記念館へ。豊臣秀吉の命令によって、26人のカトリック信者が処刑された、西坂の丘に建っています。

2105262

そこから15分ほど歩いたところにある、眼鏡橋にやってきました。日本最古のアーチ型石橋で、国の重要文化財に指定されております。恥ずかしながらも、今回はハートストーンを探してみました。昭和57年の長崎大水害による改修工事の際に埋め込まれたもので、ホントかどうかは知りませんが約20個もあるのだそうです。

2105263

時間にたっぷり余裕があるので、近辺の石橋も観て廻りました。画像は袋橋(左上)・東新橋(右上)・すすきはら橋(左中)・一覧橋(右中)・古町橋(左下)・編笠橋(右下)となっております。

2105264

浜町アーケード内にある、明治27年創業の「梅月堂 本店」という老舗和洋菓子店に、開店時刻の10時丁度に入りました。13年ほど前に長崎独特の「ミルクセーキ」をいただいた、「ケーキの西銀」の隣りにあります。お目当ては、「シースケーキ」「シースクリーム」などと呼ばれるものです。長崎市を中心としたエリアに見られるご当地ケーキで、コチラのお店が元祖となります。2階の直営カフェでいただく予定でしたが、「11時からなんですよ〜」とのこと。

2105265

なので、「シースクリーム」(399円)を1つだけテイクアウトしました。「当店人気No.1」と書かれています。Wikipediaによると、昭和30年に三代目が考案した当初のものは、形状が豆の莢(さや)に似ていたため、「シースクリーム/Sheath Cream」と名付けたのだそうです。しかし「Sheath」は「刀の鞘(さや)」のことで、「Pod」が「豆の莢(さや)」だったんですね。そのまま「シースクリーム」で定着してしまいましたが、勘違いしていなければ「ポッドクリーム」となっていた……というワケです。

2105266

形が崩れないよう慎重に運び、眼鏡橋の近くにあるベンチで早速いただいてみました。たった1つだけのに、ちゃんと箱に入れて保冷剤とプラフォークまで付けてくれるんですね。嬉しいです。

2105267

カステラのようなしっとりとしたスポンジケーキに、カスタードクリームがたっぷりと挟んであります。その上に生クリームと、黄桃&パイナップルのシロップ煮が載っております。発売当初はスポンジケーキではなくブッセ生地で、缶詰のミカンとサクランボ、更にチョコレートが使われていたそうです。それが缶詰の黄桃とパイナップルに変わり、のちにスポンジケーキなったのだとか。私にはしっかり甘いカスタードクリームですが、生クリームは甘さ控えめです。酸味の利いた黄桃と一緒に口へ運ぶと、意外にサッパリとした美味しさになるんですね。どこか懐かしさも感じられるケーキでした。

2105268

このあと10分ほど歩いたところにある、崇福寺を参拝してきました。日本最古の中国様式の寺院で、第一峰門(画像上と右下)と大雄宝殿は国宝に指定されております。

2105269

本堂となる大雄宝殿(画像上)は正保3年(1646年)に建てられたもので、国宝でもあり、長崎市に現存する最古の建物でもあるそうです。

2105260

他に三門・鐘鼓楼・護法堂・媽姐門など国の重要文化財もあり、見どころ満載の寺院となっております。ご覧の通りガラガラでしたけどね。

[参考]長崎 梅月堂 シースクリーム 6個入




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)