寿司系

2021年08月16日

大村「大村寿司(角ずし)」その2

2108161

佐賀県と長崎県を巡る旅、14日目。ようやく最終日となりました。ホテルに簡単な朝食バイキングが付いていたので、軽くいただいてから出発することに。取り合わせが変なのは気にしないでください。(昨年11月の話です)

2108162

さて、ここ大村市の郷土料理の代表格といえば、やはり「大村寿司(角ずし)」ですよね。というワケで、ホテルから350mほどのところにある、明治時代創業の「やまと」という専門店に行ってみました。13年ほど前に長崎市内のスーパーで購入したものを紹介したことがあるのですが、1度は本場の……かつ老舗のものを食べてみたかったんです。

2108163

お持ち帰りの場合は8時から、店内でいただく場合は10時からとなります。ビジュアルを考えると店内でいただいた方が良いと思うのですが、11〜12時頃に昼食を摂る予定なので持ち帰ることにしました。

2108164

3個入り570円・5個入り755円・10個入り1,510円・15個入り2,265円の「大村寿司(角ずし)」の他に、盛合せずし660円・いなりずし500円・助六540円・巻ずし640円などが並んでいます。5個入りが1人前となるそうですが、1番小ない3個入りのものを購入しました。注文を受けてから箱に詰めてくれるので1〜2分ほど待ちます。

2108165

クルマを1.5kmほど走らせたところにある、大村公園の駐車場で早速いただいてみました。「大村寿司(角ずし)」は室町時代、奪われた領地を取り返して帰還した大村領主の大村純伊や将兵をもてなすために、領民たちが取り急ぎ作った押し寿司がルーツとなるそうです。それを最初に商品化したのが「やまと」ということで、包装紙には「元祖」の文字があります。

2108166

包装紙と箱を開けると、一辺が5cmほどの押し寿司が3つ並んでおり、ガリが添えられていました。画像はありませんが、ちゃんと箸と紙製のお手拭きも付いています。消費期限が当日の24時までということもあって、寿司には天然のカラシ抽出物を使った抗菌シートが被せてあり、アチコチに「早めにお召し上がり下さい。」と書かれています。これといってヤバそうな具材は使われていないんですけどね。

2108167

「大村寿司」に特に決められた具材はありませんが、錦糸玉子は必須なのだそうです。「やまと」のものは2段になっていて、上段にはたっぷりの錦糸玉子にカンピョウ・シイタケ・奈良漬け・赤&青はんぺん(ちゃんぽんなどに使われるピンクと緑の練りもの)が入っているのですが、下段は何故かゴボウのみなんですね。しっかりと押し固められた酢飯はモチモチとしたイイ食感。長崎らしさが感じられる甘めの味付けで、とても美味しくいただくことができました。ちなみに「大村寿司」は大村藩の領地広域に伝わっており、大村湾対岸の西海地区では「西海寿司」として、琴海地区では「琴海寿司」として今も親しまれているそうです。

2108168

「やまと」の「大村寿司(角ずし)」は長崎空港でも販売されているので、機内食として楽しむのもイイかもしれませんね。ただ、夕方には売り切れていることもあるそうなのでご注意を。画像は長崎空港2階にある土産売り場で14時〜15時頃に撮ったものです。

2108169

このあと、大村公園内にある大村神社を参拝してきました。玖島城(大村城)の本丸跡に鎮座しております。

2108160

他に虎口門跡・大手門跡・穴門跡(画像左下)・板敷櫓(上)・大村藩お船蔵跡(右下)などを観て廻りました。船蔵は藩主が乗る御座船などが格納されていたところで、石垣や船蔵屋の礎石などが今も残っています。船蔵を所有していた藩はいくつもありますが、これほど原形に近い状態で保存されているものは希少なのだそうです。

[参考]ぎおん本舗 冷凍 大村ずし 5個入




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年05月19日

長崎市「白鉄火」他

2105191

銭座町電停から平和公園電停まで、また戻ってきました。

2105192

まずは爆心地公園へ。原子爆弾落下中心地碑(画像右下)・移築された浦上天主堂の遺壁(上と左下)・被爆当時の地層などを見学することができます。

2105193

長崎原爆資料館も見学してきました。撮影禁止ではないのですが、原爆の恐ろしさが生々しく伝わる場所ではカメラを構えることはできませんでした。

2105194

長崎西洋館というショッピングモールの2階にある、「廻転寿司 じげもん」にやってきました。「じげもん」というのは、長崎弁で「地元のもの」「地元の人」という意味だそうです。

2105195

お目当ては「白鉄火」なるもの。「鉄火巻き」といえば全国的にはマグロの細巻きを指しますが、長崎ではマグロではなく、ヒラマサ・ブリ・ハマチ・カンパチなどが使われるのだそうです。「ヒラス(ヒラマサの地方名)鉄火」「ブリ鉄火」「マグロ鉄火」(703円/容器代含む)をテイクアウトしてみました。この時は20分ほど待ちましたが、予め注文用紙に記入してFAXで予約をしておくと、すんなり受け取ることができるそうです。

※これは比較的最近の用紙です。昨年11月の往訪時のものとは多少異なります。

2105196

公園のベンチで早速いただいてみました。まずは「白鉄火」定番の「ヒラス鉄火」から。身が締まっていて、ザクザクとしたイイ歯応えがあります。「鉄火巻き」と思うと少し違和感がありますが、適度に脂ものっていて美味しくいただけますね。しかし何故、マグロではない「鉄火巻き」が生まれたのでしょう。「長崎では歯応えのある刺身が好まれる」「長崎ではヒラマサやハマチなどの養殖が盛ん」「そもそも長崎は天然マグロの水揚げ量が少ない」などといった説があるそうです。

※長崎県は現在、養殖クロマグロ(本マグロ)の水揚げ量が日本一だそうです。

2105197

お次は「ブリ鉄火」です。少し柔らかめではありますが、ヒラスよりも脂がのっていて文句なしの旨さです。なんでこれが他県に無いんだろう……と思えるものでした。恥ずかしながら今まで知らなかったのですが、ヒラマサ・ブリ・カンパチはいずれも白身魚ではなく、赤身魚に分類されるそうです。ついでにいうと、サケは白身魚なんですよね。ホント……ヤヤコシイです。w

2105198

もちろん、「マグロ鉄火」も美味しくいただきました。ちなみに現在、「白鉄火」は絶滅危惧種になっているようで、メニューに載せているお店はあまり見られませんでした。「幻の寿司」と書かれているサイトもあるくらいです。「白鉄火」に限ったことではありませんが、こういった食文化が衰退していくのは残念ですね。

2105199

このあと、原爆資料館電停から新地中華街電停へ移動しました。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年05月12日

長崎市琴海地区「琴海寿司」

2105121

西海橋まで戻ってきました。画像左下が新西海橋で、右下が国の重要文化財に指定されている西海橋です。橋の下に流れているのは川ではなく、針尾瀬戸(伊ノ浦瀬戸)と呼ばれる幅約180mの狭い海峡で、日本三大急潮(※)のひとつに数えられています。画像からも流れの速さが伝わるかと思いますが、ここでは渦潮も観られるんです。

※三大といっても、鳴門海峡・来島海峡・関門海峡・針尾瀬戸・玄界・黒之瀬戸などいろいろあるんですね。

2105122

この日は大潮で、しかも干潮時。なので、絶好の見頃のはずなのですが……ハッキリとした渦潮はほとんど観られませんでした。鳴門の渦潮のようなものを想像していただけに、ちょっと拍子抜け。直径3〜10mの渦潮が観られると聞いていたんですけど、運が悪かったんですかね。

2105123

一応……ベストショットといえそうな画像を載せておきます。クドいようですが、私の中ではこれがベストショットです。

2105124

西海橋から19kmほどのところにある、「ショッピングセンター なかむら」にやってきました。お目当ては、長崎県の琴海地区に伝わる郷土料理「琴海寿司」です。

2105125

何種類か並ぶ中、税込み648円のものを購入しました。

2105126

正方形にカットされた押し寿司が、6つ入っております。対岸にある大村市の郷土寿司、「大村寿司」によく似ていますね。ネット上には情報がありませんでしたが、おそらく何かしらの接点があると思います。

2105127

具は錦糸玉子・赤魚のそぼろ・カマボコ・ゴボウ・シイタケ。錦糸玉子とゴボウが主体で、他の具の存在感はそれ程ありません。酢飯は酢の酸味と砂糖の甘味がしっかりと利いていて、昔ながらの味わい……というか、子供の頃に九州出身の母が作ってくれていた「ちらし寿司」のような、懐かしい素朴な味わいがありました。

2105128

錦糸玉子を退けるとこんな感じです。カマボコなんかは、かなり細かく刻まれているんですね。他に赤と緑のはんぺん・チクワ・干し大根などが使われることもあるようです。

[参考]ちゃんぽん・皿うどん用の蒲鉾(赤緑はんぺん・丸天・竹輪)

2105129

参考のため、「大村寿司」の画像も載せておきます。よく似ている……というか、瓜二つですよね。具材も似たようなものが使われていて、私には何がどう違うのか説明することができません。(涙)

[参考]長崎郷土料理 冷凍 大村寿司

2105120

ちなみに「琴海寿司」は、長崎市の浜町アーケード内にある「とれとれ旬家 浜町店」でも売られていました。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年03月24日

白石町「須古寿し」

2103241

今回の旅、2日目。宿の近くにある、武雄温泉の元湯(450円)へ入りに行きました。6時30分から営業しています。画像は大正4年に建てられた楼門で、元湯はここを潜ってすぐのところにあります。

2103242

元湯は明治9年に建てられたもので、現役の温泉施設としては日本最古の建造物となるそうです。愛媛県の道後温泉本館が明治27年(温泉としての歴史は道後温泉の方が長い)なので、それより18年も古いんですね。湯船は2つあり、この日の男湯の「あつ湯」は45.9℃、「ぬる湯」は43.2℃となっていました。「ぬる湯」といっても、全然ぬるくはないんですね。「あつ湯」の方は、膝までしか入ることができませんでした。

2103243

ひとっ風呂浴びたあと、武雄神社を参拝してきました。境内の奥に鎮座する御神木(大クス)は、推定樹齢が3,000年を超えるそうで、現在全国で7位とされる巨木なのだとか。空洞化した幹の中は12畳ほどの広さがあり、天神様が祀られております。

2103244

武雄市の中心部から東に12kmほどクルマを走らせたところにある、白石町にやってきました。お目当ては「須古寿し」なるもの。白石町(旧・須古村)に500年以上も前から伝わるという、ムツゴロウを使った箱寿司(押し寿司)です。そえじま(副島鮮魚店)→かどや(角屋商店)→泉屋と順に廻ってみたのですが、どうやら製造元では予約しないと買えないみたいですね。

2103245

「須古寿し」は郷土料理百選に選定されているにも拘わらず、販売店の情報が少ないんですよね。有るか無いかは分かりませんが、今度は「Aコープ しろいし店」に行ってみました。

2103246

あ、有りましたね。……良かった。しかし、税込みで450円って意外と安いんですね。「逆さまや斜めにすると飾り付けがバラバラになるよ!」とPOPに書かれていたので、そぉ〜っと慎重に運び駐車場で早速いただきました。

2103247

製造元は白石町にある、「かどや(角屋商店)」となっております。消費期限は当日の21時。包装紙に描かれているムツゴロウが、ちょっと可愛らしいですね。食べられちゃうんですけど……。

2103248

厚さ1cmほどの酢飯の上には、ムツゴロウ・エビ・カマボコ・錦糸玉子・シイタケ・ゴボウ・紅ショウガ・桜でんぶ・奈良漬けが載っております。硬めに炊かれた酢飯は、酢がしっかりと効いていて、ほんのりとしたイイ感じの甘味もあります。うるち米と少量の餅米が使われているので、モチモチ感も楽しめるんですね。

2103249

ムツゴロウは、素焼きしたものを醤油・砂糖・みりん・水飴などで甘辛く、じっくりと煮込んであるそうです。量が少ないと思われるかもしれませんが、このお値段で、しかも絶滅危惧種に指定されている魚なので仕方がありませんね。佃煮風の味わいで、美味しくいただくことができました。

2103240

このあと寄ったお店にも、「須古寿し」が並んでいました。コチラは「そえじま(副島鮮魚店)」のものとなります。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(0)

2020年09月14日

「かっぱ寿司」

2009141

ヤケクソ気味の株主優待ネタです。今回は皆さんご存じの回転寿司チェーン「かっぱ寿司」で、全国(北海道・北陸3県・島根県・四国4県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県は除く)に約300店舗展開しています。現在運営しているカッパ・クリエイトの本社は、平成26年にコロワイドに買収されたことによりコロワイドと同じ神奈川県の横浜ランドマークタワー内にありますが、意外にも1号店がオープンしたのは海無し県である長野県の長野市なんですね。かつては業界トップの座にいた「かっぱ寿司」も、スシロー・くら寿司・はま寿司に抜かれて今や4位にまで転落しております。タッチパネルオーダーシステムや、高速レーン(特急レーン)を最初に導入したのは「かっぱ寿司」だったんですけどね。……とは言っても、週末は1時間待ちなんてこともザラなので、前日にネット予約をしておきました。

※ローカルフードネタは、しばらくの間お休みさせていただきます。

2009142

新型コロナ対策のためか、ゆっくりと廻る通常の回転式レーンは無くなってますね。直線の高速レーンが上下に2本のあるのみ。つまり、専用タブレットで注文(自分のスマホでも注文可)をしないと、いつまで経っても寿司はやってこない……というワケです。以前は汁物などを注文すると店員さんが運んできてくれたり、会計時は皿を数えにきてくれたりしていましたが、現在は全くと言っていいほど店員さんと接することのないシステムになっているんですね。

※高速レーンといっても、従来の新幹線型トレイに皿を載せるタイプではなく、ベルトに直接皿を載せるタイプです。

2009143

今回はクルマで来ているので、残念ながら酒類の注文はナシ。実際に食べた順番とは異なりますが、まずは「大葉のせロコ貝」(二貫180円/税別)から。昔はアワビの代用品として回転寿司店ではお馴染みのものでしたが、今はちゃんとロコ貝と名乗らなければならないんですね。生アワビのような磯の香りはありませんが、ゴリゴリッとした強い歯応えは確かに生アワビに似ています。

2009144

今や高級食材となっている「赤貝」は、二貫でたったの100円。サルボウ貝という代用品もありますが、赤貝と名乗っているからには本物なのでしょう。詳しくは知りませんが、中国産や韓国産の養殖ものが安く出回っているようです。身は薄めながらも風味はしっかりとしていて、100円とは思えない旨さですね。

[参考]お刺身用 開き赤貝 Lサイズ 20枚入

2009145

続きまして……個人的にはコスパがとても良いと思っている「鮮極生えび」(左上/二貫100円)。お値段は倍になりますが、それ以上にプリプリ感と甘味が楽しめる「天然 生車海老」(右上/一貫100円×2)。フジテレビの某番組で考案されたという「復刻コンビーフ」(左下/二貫100円)は、寿司食ってる感は弱めですが意外とイケるものなんですね。「かっぱ寿司」発祥の地、長野県ではマグロを押しのけて人気No.1だという「サラダ軍艦」(右下/二貫100円)も美味しくいただけます。

2009146

汁物は「貝の味噌汁」(180円)をチョイス。アサリのダシはそれほど染み出ていませんが、弾力のあるちゃんとしたアサリが10個入っております。味噌汁にしては量が多いので、2人でシェアしていただきました。

2009147

この時は「超創業祭」の第2弾(令和2年7月31日から8月7日まで)ということで、期間限定メニューの中から「本マグロ中とろ」(一貫180円×2)を頼んでみました。それなりに厚みがあり、本マグロならではの赤身の旨味と、充分といえる脂の甘味でとても美味しくいただけますね。今回1番のお気に入りとなりました。本マグロは他に「大とろ」(一貫280円)もありましたが、何故か赤身は見当たりません。私、マグロは赤身派なんですけど……。

[参考]本マグロ 中トロ 200g

2009148

同じく期間限定メニューの中から、「超贅沢ざんまい」(三貫280円)なるものを頼んでみました。ご覧のとおりカニ・ウニ・イクラの軍艦巻きなのですが、え〜っと……その〜、これはノーコメントとさせていただきます。(笑)実は今回1番楽しみにしていたものなんですけどね。ちなみに現在、グランドメニューにあった「ウニ」は何故か外されています。

2009149

他に「熟成かれい」(左上/二貫100円)、「カニつつみ〜カニ味噌のせ〜」(右上/一貫180円)、「温かい厚焼き玉子」(左中/100円)、「あじ」(右中/二貫100円×2皿)、「〆いわし」(左下/二貫100円)、「とうもろこし焦がし醤油にぎり」(右下/二貫100円)、そしてお気に入りの「本マグロ中とろ」(一貫180円×2)をもう1度頼んで〆て2人で税込み3,014円となりました。

2009140

カッパ・クリエイトの株主優待カードを使ったので、支払いはナシ。カッパ・クリエイトはコロワイドの傘下なので、コロワイドの優待カードも使用可能です。




e_aji at 08:00|PermalinkComments(2)